返信:

Re: © Eskobar 2013


訳注:本家記事では海外曲の歌詞が掲載されています。しかしながら著作権法に抵触するおそれがあるため訳文では省略しております。ご了承ください。

--のジングルが終了しましたら、毎週恒例の「ジェームズ研究員の火曜アップデート」をお送りします。このコーナーではみなさんの大好きな研究員の方々に、えー、財団中で起こった事件について生放送で話し合っていただきます。それではサイト382の…えーと…用務員さんからのスペシャルリクエストが終わった後、トゥーン・アンド・アメス・イン・ザ・イーブニングと一緒に番組に戻って参ります! ソウル郊外に代わりまして、この後はWSCP放送局98.3に戻って参ります。

(曲が流れる)

(音が消える)

はい、はい、はい戻って参りました。韓国系ポップバンド4minuteの”Highlight”でした。お次は、毎週恒例のジェームズ研究員とのお話しタイムです。ジェームズともう電話はつながりましたか、トゥーン? まだですか? うーん、ちょっと彼は小学5年生の算数の宿題に手間取っているみたいです。フフッ。そうこうしてるうちに最高のニュースが入って参りました。イントラネットに登場してからわずか数時間で、監督者の方からお知らせする許可が出ました。題して、財団ワールド・ニュース・レポート!

テーマソング: オーケストラが流れ、電報が届く音が鳴る

はい、最初のお便りはサイト55から。最近レベル1に降格されても大して動じなかったトレス研究員についての面白い話をいただきました。なんでも彼女はイタズラ好きだそうで、同僚の財団職員と2体のSCP-531を使ってちょっと楽しいことをしようと思ったみたいです。トレスはサイト休憩室の外で、遠隔操作できる回転台座の上に531をセットし、手元で操作できるようにしていました。監視映像(正直に言いますけど、この映像はすごく笑えます)には4時間に渡り、同僚職員がコーヒーを飲もうと休憩室まで歩いてきて、入り口で立ち止まって引き返す姿が映っていました。531の錯乱効果は面白い副作用をもたらしました。職員たちは引き返した後、もう一度部屋の方に歩いて行って引き返す、また入ろうとして引き返す、というのを延々と繰り返していました。その後サイト55でEuclidクラスの収容違反が起こったとき…Euclid棟に行くためには休憩室を通らなければならず…言うまでもないでしょうが、2組の機動部隊が昼食から驚くハメになりました。トレス研究員はモップを使った素晴らしい仕事を課せられるでしょう。

(リムショットの音が鳴る)

大丈夫、落ち着いて、落ち着いて。また別の短い報告が入って来ました。地震予測エリアから外れているアリゾナ州で地震計が動いたとのことです。また交通の乱れによりペンシルバニア州のサイト40からの職員の移動が遅れているそうです。もし深夜勤でランカスターから救援が来るのを待っている方がいらっしゃるのであれば、コーヒーをもうポット一杯ほど飲んでおくことをお勧めいたします。「メノー騎士団」の救助が来ることはないでしょう、残念ですが。

(『アミッシュ・パラダイス』が流れ始める)

もう2点お伝えしたします。サイト17での食料の再供給が遅れています。原因は…良かった、ブラックボックスが届きました。非常用配食の袋を引きちぎって、「編集の削除済命令の聖バウドラー」に祈りの言葉をおかけください。ニューメキシコで起きた2度の停電により、研究サイトベータ-23との通信が途絶えました。監督官の方の発表によりますと、携帯電話の基地局がダウンしており、上司の方々がブラックチャネルでの通信に成功したものの通常の通信はもうしばらくかかるそうです。交通渋滞で動けないサイト40の美しい「アナバプティスト」の皆様のため、ウィアード・アルをお送りしました。

訳注:話中に登場した歌のタイトルでもある"highlight"という単語には「(パソコンなどの画面表示を)白黒反転表示する」という意味もあります。

暗号化プロトコル"WSCP GK-33"実行中

シグナル強度97%
送信を開始します…

以下の文書はレベルGK-09-BLACKの機密指定:
アクセスはレベル5、O5-X、GK-Xクリアランスのいずれかを持つ職員にのみ制限

宛先:選抜職員
差出人:翠の王計画司令部
件名:暗号名『翠の王』の成り立ちに関する情報

ジョーンズ博士

以下は『翠の王計画の成り立ち』からの抜粋。

マグナス

この計画が最初に具体化したのは1984年、サミュエル・エンフィールドという名の男性が死亡した年のことです。エンフィールドは、財団の前身組織である全米確保収容イニシアチブに勤務していたフィールドエージェントでした。エンフィールドはアイダホ州ボイシでの任務において、他の男性と密接した状態で死亡しているのが発見されました。両名の死体の位置関係は、生前から両者が互いに密接な関わりを持っていたことを示唆していました。現地の検死官により、2名の死因はエージェント・エンフィールドの2丁のスミス&ウェッソンモデル3リボルバーによる銃撃であると結論づけられました。エージェントの妻アグネスが町から2マイル離れた場所で逮捕され、2人の殺人の罪で審理されました。その後、彼女が独房内で死亡しているのが発見されました。死後3日経過しており、外見上死因は自殺でした。

イニシアチブ研究者はエンフィールドの死にいくつか不可解な点があることを発見しました。1点目は、エンフィールドと共に任務に就いていた2人の同僚のエージェントの目撃証言は、彼がその日以前にリボルバーの弾薬を消費し切っており、補給用ワゴンが来る3日後まで新たな弾薬は受け取れないだろうと説明されていたことを示唆していたということです。2点目は、1890年代後半では同性愛が快く受け入れられていなかったとはいえ、エンフィールドの同僚がエンフィールドと相手の男性との性的関係を示す前兆に全く気づいていなかったことです。3点目は、事件後に紙の記録が発見されたとき、数名のイニシアチブ司令官が以前までエンフィールドの仲間であったことにされている事実に当惑し、そのような名前のフィールドエージェントは一度も聞いたことがないと主張し、何かの間違いであると力説したことです。4点目は、事件後の紙の記録はまた公式発表を支持してもいたものの、エージェント殺害の数時間前にエンフィールドの妻に酷似する女性が彼らの家の中で死亡しているのが発見されたと述べた裏付け報告が存在していたことです。その死体はエンフィールド死亡後のある時点で消失し、複数の(しかし全てではない)裏付け目撃談は後に、死体の回収からエンフィールドの殺害までの時間の記憶がないとする主張へと変化しました。まっとうな記憶処理は当時まだ開発されていませんでしたが、死体消失前後のインタビューの書き起こしを比較したところ、記憶処理法の前後の報告と酷似していました。

エージェント・エンフィールドは、現在であれば「現実改変者」(当時この用語は存在しませんでしたが)に分類されるであろう実体の調査中に殺害されました。その現実改変者とはウォヴォカとして知られるアメリカインディアンのパイユート族の聖人であり、アメリカ政府に対する革命を起こそうとした人物です。革命が失敗した後、しばらくの間イニシアチブ・エージェントが彼を追跡しました。エンフィールドはウォヴォカを拘留して簡潔なインタビューを行い、その日の朝もインタビューをする予定でした。その夜、彼は死亡した状態で発見されました。ウォヴォカは拘置から逃れ、その後二度と発見されることはありませんでした。

イニシアチブの大半は、不可解な出来事の原因がウォヴォカにあると考え
-- 暗号化シークエンスを休止中
送信信号をスクランブル処理中
暗号化シークエンスに失敗
暗号化シークエンスを再調整中…しばらくお待ちください…

暗号化の再構成が完了しました
復号化シークエンスを再開中
送信を続行します

タビューは、ウォヴォカが現実改変者ではないこと、さらに未知の実体によって現実改変者に仕立て上げられていたことを示唆していました。ウォヴォカは、ある日神のような存在が自身の元を訪れ、アメリカの支配者たちから部族の土地を取り返す力を与えようと提案してきたのだと述べました。当然ウォヴォカはこの提案を受け入れました。後にウォヴォカは致命的な場面で力の行使を失敗したことで、革命を始めようという試みで敗北し、実際には自身の力を制御できていないことに気づきました。その直後、ウォヴォカの言葉を借りれば、彼は「神が離れていくのを感じ」ました。彼は未知の実体とのつながりを感じ、この存在の強く苦しむ感情が感じられたのち、自由を感じたと表現しました。彼はこの実体の注意から逃れることに成功し、エージェント・エンフィールドの保護に身を委ねました。無論、彼の主張は明確に証明することも反証することもできません。

以上が実体HL-49の実在を示す初めての、そして数十年にも渡り唯一の証拠でした。この証拠でさえ不確かなものでした。実際に記録として残っていたものはエンフィールドによる2ページのインタビューメモ、互いに一致しているものの公式記録と矛盾する経緯の見解を記憶していたわずかな目撃者、改ざんされた記録のみだったのです。目撃者は9人おり、後に翠の王計画となる組織の中核を作り上げました。

GOCは現実改変者を"タイプグリーン"実体に分類しています。グループ最初の人員である9人のうち3人は、後にGOCの中核となる組織に加わりました。慎重な登用を通じ、ボイスで初めて発見された実体を調査する計画はGOCと財団の両者が継続しています。想定では、この実体は男性の現実改変者で、実在が知られている現実改変者の中では最も強大な力を持っている可能性があるとされていました。さらに他人を前に立て、対象であるかのように思わせることで自身の行動を隠蔽しようとする性向を考慮し、実体には「翠の王」のコードネームが与えられました。

あなたは今やこの実体を捜索、確保、拘留する作戦の一員です。次のWSCP送信にオリエンテーションミーティングの日時と場所に関する詳細が含まれています。それではイタリア行きのチケットを購入し、次回の指示をお待ちください。


  • 最終更新:2016-12-01 23:35:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード