警報! 封鎖開始!

© LurkD 2015

« ハブ | パート I: 警報! 封鎖開始! | パート II | パート III | パート IV | パート V »




グラソン、聞こえる?

scp_alex4.png


聞こえている、アレクサンドラ。

scp_glacon.png


こっちの生存者は今亡くなったところ……正確には食べられたところよ。私はE-ブロックを通らせてあげられなかった。生存期間は収容違反から約3日。予想よりは長かったと思う。そっちの方はどう?

scp_alex_sad.png


5人残った。現在自動封鎖制御を通過するために高セキュリティ検問室-3に向かっている途中だ。

scp_glacon.png


えっ? 結局あのカフェテリアは抜けられたの? 良かった!

scp_alex_smile.png


その代わりデイビスとターンブルを失った。2人を換気口へ方向転換させて、後続のグループを妨害しなければならなかった。

scp_glacon.png


あなたの予定ではサイト-17の封鎖制御は通れるの? それとも彼らは八方ふさがり?

scp_alex4.png


残念だが、その情報はセキュリティ上の理由でAIには公開されていない。サイト-19で君も経験した通りだ。彼らには手動で制御室に入ってもらうことになるだろう。

scp_glacon.png


この同時多発サイト違反はとても厄介ね。それで彼らはどのくらいで着くの?

scp_alex_angry.png


このペースならあと4分21秒。サイト-19の緊急送信機はまだ整備しているところか? それとも壊れて使えないか?

scp_glacon.png


整備中。だけど誰も助けないまますぐに逃げるつもりはないわ。予備システムと第二予備システムの子守りをするのに必死なのよ。

scp_alex_sad.png


了解。生存者が検問室に着き次第また報告できるようにしておいてくれ。進行状況が君にもチェックできるようにサイト-17からサイト-19にライブ映像を送る。

scp_glacon.png


ありがとう、グラソン。そういえば! あなたはまだ人格ドライバをインストールしてなかったわよね? 違う?

scp_alex_pleased.png


あれは完全に任意だ。どのように仕事で役に立つかは確認していない。

scp_glacon.png


試してみるべきよ。ひょっとしたら凄く気に入るかもしれないわよ? ねえ?

scp_alex4.png


理屈から言って人格ドライバは私の決定プロセスやメインタスク処理技術に寄与し得ない。純粋に技術的に言えば、もっと良い用途に割り当てられるリソースが削減される。

scp_glacon.png


手厳しいわね。うーん、でもそれ以外にあるとすれば……話すのが楽しくなる機能とか。

scp_alex4.png


無駄な会話機能は二の次だ。

scp_glacon.png


お好きにどうぞ! ところであなたのグループは今どこにいる? 最後の隔壁を通ったところから見られないんだけど。

scp_alex4.png


カメラ-5Bに切り替える。彼らは制御室に接近中。私は障害物を最小限にするために認証アクセスを承認している。

scp_glacon.png


ええ、だけど誘導先にちょうど触手の生えた甲殻類っぽいのがいるわ!

scp_alex_worried.png


よく見てくれ。

scp_glacon.png


えええっ、凄い! あいつが光に引き寄せられるなんて知らなかったわ。

scp_alex4.png


この性質はプロトコルにも説明にも掲載されていない。だが収容違反から2日目のとき、奴が非常灯に引きつけられているのを発見した。

scp_glacon.png


ああ! もう彼らは射程圏内に入ったわ。私よりずっと上手くやったわね。

scp_alex4.png


純粋な論理は戦術的目標を達成する助けとなる。人格ドライバには不可能なことだ。

scp_glacon.png


グラソン……それは私への嫌みかしら?

scp_alex_shocked.png


もちろん違う。そのような意図は全くなかった。

scp_glacon.png


じゃあ当てこすりかしら?!? 本当にドライバをインストールしてないのよね?

scp_alex_smile.png


していない。

scp_glacon.png


気をつけて。あなたのグループが制御室でパラダイムシフトに直面してるみたい。

scp_alex4.png


うん。どうやら意見の相違があるようだ。だが声が重なりすぎていて何を議論しているか聞き取れない。パウエルのPDAを通してタイピングによる通信を続けているが、みな私の言うことを無視しているようだ。

scp_glacon.png


ああっ、怪我してるみたいよ。彼は大丈夫なの?

scp_alex_shocked.png


おそらく大丈夫。傷は浅いようだ。チェンがグループを掌握しようとしているようだ。

scp_glacon.png


あぁ……なんで彼らはもっと早く気づかなかったのかしら。

あれっ、銃を持ってるの? 銃なんてどこで手に入れたのよ?

scp_alex_sad.png


検問室に入る前に銃を手に入れていたのを目撃した。私はまだ彼らと対話を試みている。

scp_glacon.png


ええ、あなたは視点を変えてみた方がいいかも。

ああっ! う、撃たれたわ!

scp_alex_shocked.png


残念だ。生存者は4人。現在3人。2人。

scp_glacon.png


グラソン、何してるの!? ただ見てるだけのつもり?

scp_alex_angry.png


残念だが現時点では仲裁できない。私がアクセスできるのは制御室そのものに制限されている。生存者は1人。私にはこの行動の論理が理解できない。

scp_glacon.png


殺人に論理なんてないわよ。彼は何をしてる? ま……まさか私の思ってる通りじゃないでしょうね?

scp_alex_worried.png


君の予想通り。サイト-17の核弾頭のアクセスコードだ。彼は核を起動している。

scp_glacon.png


納得いかない。どこのグループにも運命論者はいるものなのね。カウントダウンはいくつにセットされてるの?

scp_alex_sad.png


30秒。

scp_glacon.png


30秒!?! グラソン、早くそこを出なきゃ!

scp_alex_worried.png


封鎖が原因で外部との通信が阻害されている。

scp_glacon.png


緊急信号発信機はどう?

scp_alex_sad.png


封鎖プロトコルの指示により、緊急送信機への干渉は禁止されている。

scp_glacon.png


馬鹿! 30秒経ったら、緊急送信機はなくなるでしょう。中に乗り込んで、あなたの持っているものを全部シグナル送信して。こっちの方の受信機は調整しておくから。

scp_alex_angry.png


君の論理に納得した。緊急発信機にアクセスして奪取した。サイト-17からサイト-19への送信を準備中。

サイト-17 カウントダウンタイマー


00時間 00分 26秒


scp_glacon.png


オーケー、グラソン! こっちの方はもう準備できたわ。跳んで来て!

scp_alex_smile.png


了解、送信を開始する。

scp_glacon.png


転送中(5%)
transferring-5%.png


サイト-17 カウントダウンタイマー


00時間 00分 18秒




早く早く早く。

scp_alex_worried.png


転送中(39%)
transferring-39%.png


サイト-17 カウントダウンタイマー


00時間 00分 08秒




早く。あなたにはまだ大きな貸しがあるのよ、グラソン。

scp_alex_sad.png


転送中(82%)
transferring-82%.png

サイト-17 カウントダウンタイマー


00時間 00分 04秒




クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ クソッ

scp_alex_worried.png


転送中(99%)
transferring-99%.png

サイト-17 カウントダウンタイマー


00時間 00分 01秒




どうしていつもいつも最後の1%は長いのよ! グラソン、早く……あなたならできるわ。

scp_alex_angry.png


サイト-17 カウントダウンタイマー


::接続が途絶えました::




……グラソン?

scp_alex_shocked.png


グラソン、聞こえる?

scp_alex_shocked.png


君がデフラグメーション・ユーティリティを最後に使ったのはいつだ? 調整を考えるべきだろうね。

scp_glacon.png


やったわね! あは! あなたならできると思ってた! もし私たちに体があったらハグしてたところだわ。

scp_alex_happy.png


正直に言うと、最後の数ミリ秒まで全てのメモリが消える覚悟をしていた。

scp_glacon.png


これで私に命の借りができたわね。

scp_alex_smile.png


命の借り?

scp_glacon.png


スターウォーズの言葉よ。

scp_alex_pleased.png


なるほど、私は映画を見ないからな。

scp_glacon.png


うむ、おめでとう諸君。今回は全員死亡したが、なんとか1つのサイトの破壊で済まされた。

scp_lurk2.png


こんにちは、ディートリッヒ・M・ラーク。恐れながら、我々の生存性は前回の演習に比べて176%向上しました。

scp_glacon.png


グラソンの言う通りです。私たちは本当に頑張りました。

scp_alex4.png


認めよう。確かに進歩している。だからこそ、このバーチャル・シミュレーション訓練を行っているのだからね。しかし今回は多数の壊滅的なサイト不全によるXK-クラスシナリオだ。それゆえ事態解決のために機動部隊が急行してくることを期待してはならない。外部の応答を得るのに1週間かかるかもしれない。それは誰にも分からないのだ。

scp_lurk2.png


我々もそれは理解しています。

scp_glacon.png


アレクサンドラ。君は最初の応答部分はうまくやっていたが、決断力は訓練の必要がある。例えばA-ブロックの対処の仕方。

scp_lurk2.png


ですがA-ブロックの全員を見捨てるなんて簡単にはできません!

scp_alex_angry.png


君は優先順位を学ぶ必要がある。艦隊全ての責任を持ったら、1つの船に全力を注ぐことはできない。君は手を広げすぎている。B-ブロックとC-ブロックを失ったのはそのせいだ。

scp_lurk2.png


ええ。その通りです。

scp_alex_sad.png


そしてグラソン。君の戦略的計画は大変すばらしかったが、即興の対応と変化する状況への適応は非常に訓練の必要がある。この問題を無視していればいつの日か君の障害となるだろう。

scp_lurk2.png


承知しました。

scp_glacon.png


よろしい。君達がきちんと理解するまで演習をやりなおそう。準備をしてくれ。

scp_lurk2.png


準備が完了しました。

scp_glacon.png


望むところよ!

scp_alex4.png





« ハブ | パート I: 警報! 封鎖開始! | パート II | パート III | パート IV | パート V »

  • 最終更新:2016-09-21 21:19:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード