確保施設ファイル: 収容サイト-88

© 原著:Doctor Cimmerian 2016 翻訳:kidonoi 2016

logo_site-88.png
SCP財団確保施設ファイル

正式名称: SCP財団南東収容施設

サイト識別コード: USALBC-Site-88
88-1.jpg
サイト-88。拡大するにはクリックしてください。


概要情報

設立: 1970年12月13日

設立管理官: ジョシュア・カント博士

場所: アメリカ合衆国アラバマ州ボールドウィン、ボールドウィン原子力発電施設

サイト機能: オブジェクト収容、研究、機動部隊訓練と配置、メキシコ湾周辺管理

サイズ: 26.3km2のエリア

セクション:

セクションA: 上方民間動力生成源

部門1: 原子炉1(沸騰水型原子炉)

部門2: 原子炉2 (加圧水型原子炉)

部門3: 冷却水路サーキット

部門4: 非異常保管施設及び請負人寮

セクションB(6階分): 居住区及び一時収容

居住部門: 職員寮、居住区域、及び医療施設です。

一時収容施設: ムース/アクタス・リスク指針 (*1)で3以下かつまだ分類されていないanomalousオブジェクトの一時的収容所です。

セクションC(16階分): 低評価/低リスクのオブジェクトの地下収容、研究施設です。

低評価収容部門: Safeオブジェクト収容のために7-17階が割り当てられ、M/AREIで6以下のEuclidオブジェクトの収容のために18-22階が割り当てられています。

低評価研究部門: セクションCに収容されているオブジェクトに関連する研究のためのオフィスと研究室です。

主要オフィス部門: サイト管理オフィスです。

セクションD(24階分): 高評価/高リスクオブジェクトの地下収容施設、核フェイルセーフ、研究及びセキュリティオフィスです。

中評価収容部門: M/AREIで6以上のEuclidオブジェクトの収容のために22-32階が割り当てられています。

高評価収容部門: Keterオブジェクトの収容のために33-46階が割り当てられています。

中及び高評価研究部門: セクションDに収容されているオブジェクトに関連する研究のためのオフィスと研究室です。


セクションE: あなたはサイト文書においてこのセクションを閲覧するための十分な許可を得ていません。より多くの情報を見るためには、あなたのサイトのセキュリティ職員を尋ねてください。


航空写真
88-2.jpg

職員情報

faithful2.jpg
男と私が恋しい犬。

サイト副管理官: アマンダ・マルキン

職員副管理官: ルーシー・ピエレッテ博士

施設副管理官: アンジェラ・パム博士

研究副管理官: クリスティーナ・モールス博士

収容副管理官: エージェント・ヨランダ・トーマス

セキュリティ副管理官: エージェント・カルロス・ゴンザレス

機動部隊副管理官: エージェント・ウィリアム・ロニーガン

倫理委員会連絡係: ジェレミー・シメリアン博士

現場職員:

      部門長: 31

      博士職員: 138

      研究員職員: 679

      管理職員: 117

      メンテナンスもしくは用務員: 103

      セキュリティ職員: 512

      D-クラス: 149

      他職員: 25


現在サイト-88に収容されている特筆すべきアノマリー



追加情報

遙かな昔、
遠い場所に、
野を越えて、
地が粘土のようなところへ、
手を見つめ、
周囲を見つめ、
そして彼らは喜んだ、
彼らが見つけたものに。

ここは谷間の、
テーブルの上のパン、
一日働く、
出来る限りに、
緑は谷、
青は夜、
影の外、
光の中。

Valley - ロス・ロボス
m-6741.jpg
大恐慌時代の壁画。ASCIと銀の太陽協会の強制的な合併を描いています。歴史的な記録はこの出来事がアラバマ州ダフネから強制的に群庁所在地と群の記録がベイ・ミネッタへ移されたことに関連しているとほのめかしています。
s_fence_site-88.JPG
どうやら歓迎しているようだ。

戻りすぎるかもしれない。財団は森の奥に潜んでいる邪悪な何かについて知りたいだろうか?たぶん違うだろう。それはまだ大きな年寄りの赤ん坊のように眠っている。じゃあ、君に財団が干渉し始めたやり口について話させてくれ。

1800年代後半、全米確保収容イニシアチブ(ASCI) (*2)はアラバマ州ベイ・ミネッタ、ボールドウィンに最初の収容施設を建てた。他の財団の前身団体とのいくつかの衝突は、巨大なメキシコ湾岸地域のために、すべてのアノマラスオブジェクトと研究をベイ・ミネッタの施設に集中させることで解決された。

1933年から1946年にかけての第二次世界オカルト大戦の間、メキシコ湾岸地域は主要な引火点の1つだった。この争いの終わりに世界的な記憶修正と現実再構築が行われたことにより、ASCIの関与の全体はまだ完全に理解できるものとなっている。ニューパリ半島が争いのさなかタイムラインから消去されたことで、ベイ・ミネッタの施設はアメリカ南西部で最大の収容施設となった。

第二次世界オカルト大戦の終局から1950年代初頭の財団の設立までの期間は、オブジェクトを再収容する能力が限られていて、同様の広範囲の破壊が引き起こされた。だが、ベイ・ミネッタ施設に収容されたアノマリーの量が増加するにつれ、サイトの収容能力と計画の秘密性は限界に近づいていった。


1960年代終わりに、財団はベイ・ミネッタ施設が拡張できないかどうか調べ始めた。けれども、都市化が進み遠距離通信が発達したため、居住エリアで施設をこれ以上拡張しようというのは容認できないリスクをはらんでいると判断されてしまった。サイト-88の現在の施設の建設は1968年に始まり、1970年に完了した。

1981年から2011年にかけて、サイトはマルコルム・マードックス (*3)博士によって運営されていた。マードックス博士の勤務後は、フィリップ・フォスター博士によって管理されるようになった。サイトの収容違反は新しい管理体制で年間約24% (*4)減少している。

それからだ。今はそう悪くない。俺はちょっとした歴史が好きだ。今、俺はあんたら全員と同じレベルに達している。俺はここで今のところ上手くやっている。ぼんやりとした偽の政府組織のためにあんたは悪くなっちゃいない。あんたらは俺と同じくらい生きられるが、それでも、物事は悪くなる一方、良くなることはないと知っている。ヨランダとカールにすまない、だが乗る必要が俺にはあると伝えてくれ。あの女のためにあの男に会いに行く。

  • 最終更新:2017-03-13 18:17:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード