甦──リザレクション


"Do you remember…"


resurrection3.png


PART 0: Α-9 前夜

過去から現在までの事。

「辞任する。」
by TheDuckman
「俺は……俺は、眠りたい、あの日の決断が何をもたらしたのかを考えずに……」

Snakes and Ladders
by Zyn
She drew a butterfly in her poetry notebook, labeled it "408", and added in parentheses, "someday".

Factotum (元リンク削除)
by djkaktus
And they all look just the same.



インシデント・ゼロ:すべてが変わった日
Part1 | Part2 | Part3 | Part4 | Part5
by DrClef
その人生で最悪な部類のモノに入る電話は、午前一時にやってきた。



PART 1: イントロダクション

新しい機動部隊が提案され、我々は新旧両方の隊員と出会う。

即時動作
by DrEverettMann
「105。起きろ。君を移動させなければなら無い。」

アイデアの種
by thedeadlymoose
「これは非常に不合理かつ恐ろしい考えです。そんなことは重々承知でしょう。」帽子は言った。

まるで私たちは、これから始めようとする幼稚園の先生のようだった
by Eskobar
「我々は財団だ。我々は、カトリック教会かNBCのように永遠だ。」

意想外
by DrClef
「… 頼まれている仕事をやるために、私はアダムスが必要だ。」

悪魔との取引
by Sophia Light
"Did that woman really look me in the eyes and say 'we're re-opening Pandora's Box'?" Light groaned. "I don't know how they take themselves seriously."

名前なんか何だ
by DrClef
ただ、冷静を装った激昂は、喉元でなんとか押さえ込んだ。

Just A Formality
by Crayne
"My name is Dr. Manwell Cutler and I'm a member of the Foundation's Ethics Committee. Perhaps you've heard of us?"

Integrity Project
by djkaktus
"This is an old debt, Jean. It is one you knew would come due in time."

Boss of Me
by Roget
"Director Gillespie, I presume?"

New Tricks
by DrClef and thedeadlymoose
In an unnamed garage in a facility that didn't exist, a dog was trying to repair a hydraulic servo.

トビラのオオカミ
by DrEverettMann
「嫌……」アイリスは心底ぞっとして言った。「本当なワケないよね。」

Light-Dependent Reactions
by Photosynthetic
"It was either get curious or break down entirely."

ガールズ・ナイト・アウト(夜の女子会)
ドレスアップ | Getting Drunk | Raising Hell
by DrClef
"Aren't you supposed to be protecting me?" Iris groaned.
"From bullets, not bad decisions," Adams said.

Museum of Idiots
by Roget
Mister Collector missed his friends terribly.

Additional Resources
by LurkD and djkaktus
"Just help me keep it together fer another week then I'll put in the transfer…"

Job Opportunities
by L0rdDeath
The young girl suddenly looked very down-trodden. "Not all of my vegetables. I didn't like the broccoli."

Pythia's Wing
by thedeadlymoose
The oracle's laughter vibrated in the air, personable yet inhuman.

Number One With a Bullet
by DrClef
… Then a grand piano fell on her.

Lending a Hand
by Doctor Cimmerian
Cimmerian blinked twice and chuckled. "This," he thought, "this is how those kinds of stories start."

The High Court With The Magic Army
by thedeadlymoose
"I'm going to see the other members of the Council," Ten said. "I want you to come with me."

I Was Not Magnificent
by Roget
Light leaned in and whispered. "There's a ghost kid walking underneath me. Is that supposed to be happening?"

In Harm's Way [Recent Story]
by Sophia Light & その他作家との合作
"You ask me, I bet the vote barely slid past." "Alpha-9 is still widely unpopular." "You bet your ass. And now everyone's going to know about it."



PART 2: Α-9、出動!

アルファ-9が組織され、訓練を受け、任務を開始する。

Operation "Camp Granada"
by DrClef and Foggy Golem
Of particular concern were indications that the missing campers had been dragged out of their tents by force, rather than devoured in-situ… .

All This Wandering
[注意: 性的なコンテンツ]
by Eskobar
"Peter looked at his body, then at the sad pile of old and worn-out landscaping gear that had been Ritchie's life. 'Yeah,' he said. 'I'm with you.'"

Folly
by djkaktus
Karlyle nodded. "I have no doubt that this will be nothing more than routine, doctor."

Back Alley Deals
by DrEverettMann
In Carter's office was a fragment of obsidian which was supposedly the oldest memory the Minders had ever stolen.

Tasers & Thermite
by LurkD & Dexanote
YOU-HAVE-TERRIBLE-IDEAS

Tinker, Tailor, Soldier, Huntsman
by L0rdDeath
"Do you know what I hated about living in London, Gunnel?"

We Got A Good Thing Here
by DrClef
Aleksander smirked. He knew what to expect from a Marshall, Carter, and Dark resort. It was obvious that Adams did not.

Are We There Yet?
by LurkD
"Whatever. Not even halfway there and I'm already fixin' to drive this car to the nearest river and drown all three of you."

I Thought You Died Alone
by A Random Day
Your request for whistleblower protection regarding Mobile Task Force Alpha-9 has been reviewed and denied…

Ball Gags And Scrambled Eggs
by LurkD & DrClef
"Lie to me like he did, and you get the same. Now, tell me. What's Lambda-Two?"

Up To No Good [Recent Story]
by LurkD
«Road trip!»

Elder Baconator [Recent Story]
by Waxx & thedeadlymoose 2015
Tilda and Dmitri Strelnikov have a quiet dinner and absolutely nothing happens.

Where Your Eyes Don't Go [Recent Story]
by Roget
So who's going to look into that whole assassination business?



PART 2.5

これは仮の一幕である。この物語は現在、将来的な事として設定されており、まだ起こっていない。

No Joke
by DrEverettMann
"This is too big! CHICANEROUS GANGSTER CONSPIRACY FASCISTS! Call 555-727-7560! Press five, and say bixby actual to save the world."


概要

9年前、SCP財団の趣は全く異なっていた。

財団はアメリカ合衆国バウ委員会庇護のもと、研究開発を主眼にしていた。SCP同士のクロス・テストにSCPの武器化などといったことが蔓延していた。また、機動部隊Ω-7(『パンドラの箱』)に至れば、任務遂行のためにSCP-076とSCP-105を利用していたのだった。シニアスタッフには、最大限の自由自治が与えられ、職務を果たしさえすれば、礼儀作法やプロフェッショナリズムなどは一切お構いなしだった。これら全ては、O5司令部つまりは”最高法院と魔法の軍”によって、是認されていた。

当時は、財団にとって、とても良い時代であったと同時に、とても悪い時代であった。しかし、それは終わった。最悪に終わった。

”パンドラの箱”が時代の終焉の触媒となった事件は多々あった。コンドラキは、サイト-19を破壊した。『インシデント・ゼロ』 そして、アベルがΩ-7の残り全て屠殺し、終わりが来たのだった。

O5司令部は、彼らを制御しきれなくなったと悟り、断固たる処置を取る。旧プロジェクトは、封印された。シニアスタッフは管理業務へ祭り込まれる。(一つ有名な例をあげれば、暗殺。)異常なテクノロジーの研究開発は中断、財団は再び単なる収集と封じ込めに重点を置いた。

9年が過ぎ、我々は現在に達する。

異常な事件のペースは加速度的に増えている。何千ものSCPが、過去たった数年の間に発見されていた。新たなGOIが群れをなし、毎日発見されている。財団はもはや追いつけない。O5司令部は破れかぶれ。もう一度、天秤の傾きを支持に向けたい所。

彼らは、SCPの封じ込め目的外の研究を再開し始めた。クロス・テストや武器化を再び実行している。財団内の科学ジャーナルだって認められている。全く新しい種類のSCPクラス(Thaumiel)も明確に作られた。他を収容するためのものだ。バウ時代の古い事件簿も再び日の目を見る。古ぼけた剣を研ぎ澄ます事に期待して。来たるべき新しい戦いのために。

彼らは、非公式にこれを、こう呼んだ。「プロジェクト・リザレクション」

古ぼけた剣の一つは、「プロジェクト・パンドラボックス」。機動部隊Ω-7は、今やΑ-9(『残された希望/Last Hope』)を名とする。

誰も彼もが、これに満足しているわけではない。彼らは痛ましい過去を覚えている。これが、財団の終わりを司るのではないかと恐れている。

それでも、正しいのかもしれない。



プロジェクト・リザレクションは、SCP財団のオリジナルの「中心のストーリーライン」を復活、再建を目的とした執筆プロジェクトです。

これは、新旧のSCP財団の作品を融合させる事を目的にしています。

まずはΑ-9、つまりΩ-7の再始動から始まります。そして、それだけで終わりません。

バックストーリー

過ぎ去りし事から始まります。

この沢山の戯言は、フラッシュバックとして物語で言及されます。もし、プロジェクト・リザレクションに貢献するつもりがないのでしたら、何が起こるのかという事を損なわないためにも、近寄らないことをお勧めします。

言い換え: ネタバレ注意。

(もし、プロジェクト・リザレクションに貢献するなら、さっさとネタばらし!あなたの物語のインスパイア元にしよう。)

最高法院と魔法の軍

表示


王は死んだ

表示


時代の終焉

表示


9年間

表示



ストーリーライン

多くのスタッフが未筆の内容を書いています。もし、プロジェクト・リザレクションに貢献するつもりがないのでしたら、何が起こるのかという事を損なわないためにも、近寄らないことをお勧めします。

言い換え: ネタバレ注意。

(もし、プロジェクト・リザレクションに貢献するなら、さっさとネタばらし!あなたの物語のインスパイア元にしよう。)

  • Philosophy セクションでは、傾向と要旨の指示についてカバーしています。私達が伝えたい物語の意見について話し合う所です。
  • In Progress セクションでは、新しいストーリーに重点を置いた指示についてカバーしています。もしあなたがプロジェクト・リザレクションに貢献したいのなら、ここは我々が今まさに探し求めているストーリーについて話し合う所です。
  • Foreshadowing セクションは、皆が遠い将来に起こりうる話を熟考する所です。ブレインストーミングや熟考された物が必ずしも書かれている訳ではありません。

アルファ-9 (Philosophy)

表示


新たな血 (In Progress)

表示


作戦『キャンプ・グラナダ』 (In Progress)

表示


父性 (Foreshadowing)

表示



キャラクター

登場人物は以下を参照して下さい。 (In Progress)

機動部隊アルファ-9(「残された希望」)

生まれ変わったオメガ-7。敢えて人型SCPオブジェクトを訓練、現場運用する機動部隊です。

ソフィア・ライト博士
ライト博士は不承不承ながらのアルファ-9の責任者です。疲弊しきりの実利主義家です。また、彼女はこの機動部隊をとんでもなく危険なものであると見なしていますが、同時にこれを、彼女にとって、財団の目標地点に歩を進めるための、又と無いチャンスだと捉えています。もし目標達成まで暗殺されなければ、十分に暗殺の機会を後延ばしにできたなら、それだけで、世界に若干の利益があるのかもしれません。

SCP-105
アイリスはオメガ-7を憎んでいます。あの記憶の全ては、彼女が14〜15の時でした。最後はアベルによるほぼ全員の虐殺、残りは核で死に絶えました。財団の中で、彼女を気にかけていた人は、全員死にました。それから彼女はカメラを取り上げられ、独房の中に監禁されたのでした。彼女は絶対、こんなプロジェクトに関わりたくなかったのですが……彼女は一つのチームを導くように頼まれたのでした。



援助機動部隊ラムダ-2

正確には別々の機動部隊です。これは予算の都合上。現在、アルファ-9に従属の機動部隊として割り当てられています。

クレフ博士
彼は”四騎士”の最後の残り者です。彼は9年間デスクに座り続けていました。彼は老兵、現場で過ごした時の伝説を羽織る者、しかし、最早自分自身で任務を遂行することはありません。これが凶事に終わるということを知りながらも、その時のための処置を取り続けています。

上級特別エージェント: アンドレア・S・アダムス
誰もが、彼女のことをクレフの前秘書、クレフのアイ・キャンディ(見ていて良いモノ)だと思っていました。彼女は寡黙で、気取らず、完全に無害そうだと思われていたのですが……豹変するまでは。彼女がクレフのオフィスを出てからのキャリアは華々しいものでした。今、彼女は憎々しい前のボスと一緒に働くことになりました。彼女は、彼の全盛期並みにリーサルですが、クレフとは異なります。クレフが派手で手の込んだ趣向だったのに対して、彼女は直接的かつ効率的にやります。SCP-105の警護特務部隊の一人です(また彼女が制御不能に陥った時の予備計画に一枚かんでいます)。



他の財団スタッフ

ディレクター: ジーン・カーライル・アクタス
風変わりな財団サイト-81の責任者であり、財団選級委員会(Foundation's Classification Committee)の議長です。誰もが記憶している間ずっと、アクタスは存在しています。持病や老年に屈服させられようとも、アクタスは耐え忍びました。忠実に、湖の底の彼の研究所で調査を続けました。対価無しに事は為せず。やがて、カーライルは借りに浸かり、今やこれ迄、年貢の納め時。彼の財団に対する忠誠は全てです。だから、彼は財団の構想が達成されるのを見るまで止む事はなく、その為にはどんな手段も辞さないのです。

ダニエル・ホレイショ・エースリンガー博士
彼は行動が浮いている、理解の遥か彼方にある人物です。それでもエースリンガー博士は、世界を変える為の終わりのない探求を貫きます。ただそれだけの為に突き進みます。友好的で率直ですが、彼はパーティーにおける最高の同席者になり得ないかもしれません、また一面として、彼はそのような場に滅多に現れません。それでも、彼は他人に関心を持つ事があります、もしかしたら複数人からも興味を見出すかもしれません。もしかしたら、歩み寄るという事が彼にとって気の進まない事なのかもしれませんし、彼の不感症が情緒全域に広がってしまっているのかもしれませんが、彼は今や、彼らの計画の一部なのです。

ディレクター: シャーリー・ガレスピー
サイト-77の初老の責任者です。彼女は、全財団で最大級のSafe及びEuclidレベルオブジェクトの貯蔵を統括しています。ガレスピーは今日に至るまであらゆる手段で戦ってきました。だからと言って、彼女は仕事にかかるに当たって、やぶの回りをたたいて獲物を追い出すようなことは好みません。彼女のアジェンダとは?おそらく"Safe"オブジェクトの限界を押し広げ、誰もが夢見た、彼らにできる事を行う事です。アルファ-9は、まるで、完璧な場所のようです。



O5司令部

13名の財団の最終支配人です。

  • ワン: 「The Founder/創立者」 ─ 伝統と不変の力。決して直接に会う事はありませんが、その存在は他全ての者の上に覆い被さっています。評議会のリーダーです。
  • ツー: 「The Gardener/植木屋」 ─ 財団オリジナルメンバーの一人、おそらくはO5評議会の創立メンバー。現在のタイムラインの一つ前のタイムライン連続帯出身です。起源と現世におけるアノマリとの関係について、評議会の際でも故意に曖昧にしています。公然とアルファ-9を支持しています。
  • スリー: ─ [現状追加データはない]
  • フォー: 「The Ambassador/大使」 ─ 主に財団と要注意団体間の交渉を務めています。いたるところを歩き、世界中を旅します。あらゆる要求速度に応じ、可能な道を選り好みしません。公然とアルファ-9を支持しています。
  • ファイブ: 「Blackbird/ブラックバード」 ─ [現状追加データはない]
  • シックス: 「Cowboy/カウボーイ」 ─ 白いステットソン"Boss of the Plains"、カウボーイハットを被っています。別格の安定性と能力で知られています。会議における「Jack of All Trades/よろず屋」を演じ、保安に特別な関心を寄せています。
  • セブン: 「Green/グリーン」 ─ ほとんどもっぱら緑色の多種多様なファッションを着ています。冷酷であるが、善意によるものであるようです。9年前はアルト・クレフ博士の主要なスポンサーでした。その後は下りることになるのですが。個人的にはアルファ-9を支持しますが、政治的事情により公的には反対しています。
  • エイト: 「The Newbie/新入り」 ─ 実際のところ、他数名のO5よりもキャリアを積んでいるのですが、新しいあだ名を見繕おうとはしていません。O5としての初めての活動は、コンドラキのSCP-083終了計画の承認でした。結果、サイト-19と彼の面目を失ったわけですが、今になっても彼の面目は回復していません。おそらく、最も信用されていない、O5評議会一の反動思想家です。アルファ-9設立に反対して、評議会の中で一番声を荒げて反対しています。
  • ナイン: 「The Outsider/よそ者」 ─ 一般市民から直接O5に雇用されました ── これが最初で一度きりのことです。二番目に新入りの評議会メンバーで、彼女はSCP-963-2に収容されているO5メンバーの代理を務めています。公然とアルファ-9を支持しています。
  • テン: 「The Archivist/書庫番」 ─ 勤めは、以前の惑星やタイムラインに関わることの連続体に関する記録の管理人です。彼女は唯一、タイムラインが損害を受けるか「リセット」された回数を知っています。O5評議会で最も新任のメンバーです。彼女の前任(同じ役割)はSCP-003を世界を終わらせるために使おうとした後に処刑されました。公然とアルファ-9を支持しています。
  • イレブン: ─ [現状追加データはない]
  • トウェルブ: ─ [現状追加データはない]
  • サーティーン: ─ 彼のことはあまり知られていません。彼は若干の未来視能力を備えているらしく、決定投票の時だけ評議会に参加します。

O5司令部管理幕僚(”The Factotums/雑用係”)
O5評議会直接の部下です ── 強力かつ貴重な人財ですが、実用に際して消費もできます。彼らの全ては機密です:経歴、立場、役割、名前、性別すらもです。コードネームだけで呼ばれます。彼らはO5と綿密に連携を取り、機動部隊アルファ-1 "Red Right Hand/赤い右手"とも協調します。



ヴィラン

「The Ones in Black/黒のもの」
サイト-17を襲うなど始めました。何者であるのか、これからどうなるのか、それはまだ明かされていません。



部外者

アリソン・チャオ(黒の女王)
彼女には彼女自身の動機があります。それが何かはまだ明かされていません。

読み物

親愛なる大使へ

貴命に奉じて、ガレスピーディレクターと私自身で、ご依頼のログと資料をかき集めてまいりました。願わくばお探しのものが見つかるように。機密指定外の文章の多くは以下に。

SCPドキュメント


SCP終了ログ


キャラクターの参照

  • Mementos - SCP-073とエージェント█████、および財団施設のドキュメント
  • In His Own Image -財団エージェント:ラメントとギアーズ博士のドキュメント
  • エージェントAAの個人的記録 - 財団エージェント"Adrian Andrews/エイドリアン・アンドリュース"のドキュメント
  • SCP-784-ARC - 財団エージェント"エイドリアン・アンドリュース"の変異後のドキュメント
  • 事件784-1 - 財団エージェント"エイドリアン・アンドリュース"の最終終了録
  • The Flytrap[未訳] - 監督評議会(Overseer Council)のドキュメント
  • 王は死んだ - コンドラキ博士の死亡ドキュメント
  • 黒の女王ハブ - 要注意人物「黒の女王」のドキュメント

要注意団体の参照
Insurrection[未訳] - 要注意団体「カオス・インサージェンシー」設立に関するドキュメント
GOCハブ - 要注意団体「世界オカルト連合」に関するドキュメント
蛇の手ハブ - 要注意団体「蛇の手」に関するドキュメント
Prisoners[未訳] - 要注意人物「黒の女王」の参考
イスラム・アーティファクト開発事務局ハブ - 要注意団体「イスラム・アーティファクト開発事務局」に関するドキュメント

もし他に何か入り用でございましたら、気兼ねなくお申し付けください。

かしこ。

karlyle.png

執筆の心得

グリムダーク,ノーブルブライト
プロジェクト・リザレクションを書く時には、グリムダークを抑えめに、ノーブルブライトをマシマシでいきましょう。

さて「グリムダーク」という語ですが、ウォーハンマー40,000のような設定で、ある種の冷酷で悲観的な調子を記述する時に用いられます。「グリムダーク」をはっきり正確にするのは本当は難しいのですが、私としては5つのメインテーマに分類しました。

  • 世界は緩慢で、痛みを伴い、衰退していく。
  • 最大限の努力は所詮、避けられないものが訪れるのを遅らせるためにしか役立たない。
  • 命は安い。死、大量の死者数などは悲惨なほどに普通。
  • 純真な存在は強者の犠牲となる。
  • ヒーローは単純な阿呆。

でも陽(yang)あってこその陰(yin)。グリムダークの鏡のコンセプトが「ノーブルブライト」です。 プロジェクト・リザレクションのノーブルブライトの捉え方は、必ずしもハッピーではありません。暗く、砂塵のような、でも全体的な感覚として、一段階絶望が浅く、望みが一段階増しています。

  • 世界は暗闇の時代から浮かびつつある。
  • 違いは作れる、たとえ小さくとも。
  • 大量の死の中でも、あらゆる救える命は貴重。
  • 純真は、強者から守られるに値する。
  • ヒーローは単純な阿呆……しかし、単純な阿呆でも違いは作れる。

障害は必要です。失う必要があります。災厄の必要があります。しかし最後には、勝利がある必要があります、たとえ小さくても。読者キャラクターの寄る辺となる思考は「ああ。これに価値は有ったのだ。」



タブーを破ろう
冒険的かつノーブルブライトの調子を出す一環として、長きに渡って財団カルチャーが洗練される中で保たれてきた若干のタブーを、私たちは明快に破るつもりです。

  • 著者のアバター: 作っちゃうし、使っちゃうし、「ロールプレイング無し」ということも心配しません。 異常な研究者に対する規則も(節度があれば)設けません。彼らのための場所が今あるのです。アルファ-9の中にね。サイト上、サイト外に関するジョークという第四の壁にもルールを設けません。(例えば、ラムダ-2は、古いMTFジョークで、MTFページから長い間消されていました。)
  • クロスリンク禁止: これはSCPのクロステストや、SCP/Taleのクロスリンクにも当てはまります。もしかしたら、露骨にプロジェクト・リザレクションのためのSCPが作られるかもしれません(ただし、通常通り、被験者はコミュニティのレビューを受け、削除の可能性がある)。プロジェクト・リザレクションの最中にSCP間のクロステストが起こるかもしれませんね。
  • LOLFoundation: 節度を保ちましょう。例えばあのまさしく最悪なOld!LOLFoundationには順応しないでしょう。例えばコンドラキが結果もなく怒り狂うようなあれです。



整合性とカノンに関して

出来る限り、サイト上のコンテツの出来る限りのものを取り入れようとしています。TaleやSCPや補足情報、一般的なヘッドカノン。これは必然的に矛盾が発生しますし、調子も異なったものですし、ヘッドカノンが決着がつくまで殴りあうものです。

これらをこのカノンに含めるべきか否かを考える際に、以下の事実を考慮します。

  • 面白い? 私たちは一定のリアリズムを求めています:不信の一時的停止、つまり嘘と分かっても一時的だけ本当だと信じ込ませる手法にも限界があります。しかし、カノンに追加するにあたって興味深い、面白いなら、確かに私たちは、このようなものを取り入れようとします。
  • 矛盾しない? と言っても、プロジェクト・リザレクションにすでに置かれている情報と矛盾する、面白い概念が出てきそうです。たとえば、スカーレット・キングなど出現するでしょう。そうなると、どちらの解釈を受け入れるべきかの問題が発生します。そして、最後はこれに尽きます:
  • 正当化できる?マーベルコミックスでは、No-Prizeと呼ばれるものを使っていました。それは、イベントが不整合であると気がついたファンに、ステップA. 空の封筒が送付されます。そして ステップB.は、ファンは不整合がなぜ発生したのか、その説明を添付して封筒を送り返すことができるというものでした。どうぞ好きに、ひどく別々なカノンを一つの物語に正当化してください。ただし、意味をなすように。



ヒーローとしてのスーパーマン VS 人としてのスーパーマン
スーパーマンの力は退屈。それは単に、”人間よりも優れたもの”でしかありません。 彼は空を飛べる、彼は強い、彼は防弾、彼は速い、彼は目からレーザーを放ち、氷を吹く。

人としてのスーパーマンは面白いです。彼は中西部の小さな町で人によって育てられたエイリアンです。彼には世界のあらゆる力を備えていますが、それを他を助けるために使うのです。彼は、彼にとって助けたいと思う人たちに囲まれています。それも、神のように君臨するためではなく、常に戦っています。

超常的なキャラクターをプロジェクト・リザレクションのために作るなら、能力(スーパーマン)のことよりも、能力の陰にある人間性(クラーク・ケント)を考えることに多くの時間費やしてください。

FAQ

このストーリーラインを書いてもいい?
いいですよ。さあ、チャットに来て、このページに関する疑問を議論しましょう。



このストーリーラインのアイデアがある。どこで提案すればいい?
このハブのために、コメントで提案してください!そうじゃなければ、チャットで私たちを見つけてください。

よろしく頼むこと ── 私たちは特に最近の作品を進んで受け入れています。(シリーズ2や3を特に)



定着したキャラクターや、SCPを使ってもいい?
いいですよ!もし、キャラクター原著者が近場にいるなら、彼らは何を考えるのか確かめてください。もう作者がWikiの一員じゃないなら、一か八かやってみましょう。あなたはプロジェクトのためのフィードバックを得るために、ベテランの著者に相談することができます。



じゃあ、自分が建てたキャラクターとかSCPを使っていいの?
その通り。青天井です。



どうやって、このハブにストーリーを追加するのですか?
何人かの、確立したリザレクションの著者を捕まえて、承認させてください。(チャットで見つけられるでしょう。)一旦認められすれば、追加することができます。これには2つの目的があります:

  • クオリティ(何かものすごいものを書く手伝いをしたいですし、たくさんのフィードバックを与えられば幸いです!)
  • 整合性(誰も混乱させないようにね!)

思い出してください、それでも、このストーリーラインに追加することや、私たちのチェックなしにこのユニバースに書き込む事はできます。単に、タグに"resurrection"を加えるだけの事です。



どこで、リザレクションに対する懸念を言う事ができますか?
TroyLがスレッドを立ています。"Concerning Resurrection"。そこでカノンについて忌憚なく懸念を投稿できます。もし匿名で懸念を投稿したいなら、TroyLにPMすれば彼がスレッドに投稿してくれます。



アベルはすごいドリーミー!ここに私のオリキャラがあって、彼と恋に落ちるの!
これは質問ではありませんが、かわりにオリキャラ(オリジナルキャラクター/OC)について話しましょう。

作ってください。持ってきてください。興味深くして、他の人にも使いたくなるようにしてもらいたいのです。



アベルはすげー!ここに僕のオリキャラがあって、こいつもマジすげーんだ!
またもや、これは質問ではありませんが、かわりに異常なキャラクターについて話しましょう。

サイトでの一般的な経験則にのっとると「作ら無いで」。 この経験則はX-Menルールと呼ばれています。
「もしSCPがX-Menにぴったり当てはまるなら、それはSCPであってはいけません。」

私たちはそれをトスして……大抵は窓の外へ。「スーパーマン vs クラーク・ケント」を著者の心得セクションでお読みください。

  • 最終更新:2017-02-12 22:29:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード