如何にして173はサイト-19へ来たか-3

© MrWrong 2015

宇宙 5643-ガンマ-オレンジ-デルタ 財団 宇宙 7392-イプシロン-ブルー-リマ


AD 1993/██/██の、ジャック・ブライト博士からのメール
FROM: ジャック・ブライト博士、管理者、サイト-19
TO: ウィリアム・モト博士、Euclidスペシャリスト、サイト-19
RE: サイト-19への新たなSCP

モト、本日新たなskipが19へと来る。それはEuclid棟の第2セルへ収容される。敵対的であると想定されるため、最低でも2名のD-クラスと1名の研究補佐員を連れくるように。

また、そのskipに関して見つけたすべての知見はアップデートするように。今それのプロファイルは空になっている。参考までに言うと、そのskipに対する君のクリアランスレベルは4/173だ。

ジャック・ブライト
管理者、サイト-19
数時間後、ウィリアム・モト博士は新たなSCPオブジェクトとの初日を終えた。その日の発見について記録するため、モト博士は彼のアカウントで財団データベースへアクセスし、その文書の現在の内容をブラウジングした。
Item #: SCP-173

Object Class: [審議中]

取扱方: [データ削除済]

概要: [データ削除済]
"いやいや、これじゃ駄目だ。" 彼は頭を揺さぶりながら考えた。"そもそもそれがどこから来たのか、あるいは誰が持ってきたのかも俺は知らないぞ..."

モト博士は[データ削除済]を消すと、新たに発見された異常オブジェクトについて知っていることを何であれタイプしはじめた。
概要: 1993年にサイト-19へ移送されました。素性は未だ不明です。

  • 最終更新:2017-02-16 11:41:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード