ロジェのSCP執筆のウォークスルー

原著Roget 2017


(転載者注: このエッセイの内容は本家SCP Foundation WikiにおけるSCP記事の創作について扱ったものです。非公式日本語化wikiで適応される内容ではない点に注意してください。)

このエッセイは、まだSCP記事を書いていない人、または、成功した記事を投稿したかもしれないが、まだそうだとわからないような気がする人のために書かれています。このガイドでは、読みやすさを念頭に置き、SCPに関する思考プロセスを明確かつ簡潔に説明しています。このエッセイは既存のガイドの中からインスピレーションを得ていますが、それらの資料をよりわかりやすい形で提示します。

これが役に立つことを願っています。


SCPのアイデアの基本概要

  • SCPWiki (*1)は、SCPオブジェクト (*2)を介して、SCP Universe (*3)に触れることを中心とした共同創作コミュニティのサイトです。
  • SCPオブジェクトは、所定のフォーマット(転載者注: SCP財団日本支部への外部リンクです)に則った物語です。他種の物語と同様に、SCPオブジェクトは、始まり、中間、終わり、そしてある種の物語の流れを持つ必要があります。
  • SCP記事は、まず第一に物語です。創造的な文章に適用されるほとんどのアドバイスは、SCP Wikiでの創作で適用できます。

SCPオブジェクト

  • 特別収容プロトコル: これは、あなたが書いた異常的存在がどのように収容されているかを書くものです。通常は技術や超自然的な要素によって、異常な効果を中和するか妨げます。物語の観点から見ると、特別収容プロトコルは、物語の伏線や前振りを入れるのに適しています。
  • ストーリー: SCPオブジェクトは、そのドキュメントを通じて何らかのストーリーを伝える必要があります。それは創造的な物語、実際の出来事、不思議なもの、またはその他なんでもでしょう。それが十分に働く良いものならば、コンセプトだけでも構いません。
  • 科学的な記述: あなたの記事をプロフェッショナルなものにしたいでしょう。徹底的に事実に即した、誰も混乱しないような文章を無意識のうちに書いてしまうというのでもない限り、これは緩やかで漠然とした制限です。Wikiで現在どのように科学的な記述をしているかを見るのに最も良い指標は、今月の評価の高いページ(転載者注: SCP財団日本支部への外部リンクです)です。

SCP Universeの使用

  • 既存の世界観を共有する: 財団世界には多くの情報とページがリンクしています。SCP Wikiには関係づけられたコンテンツの網目があります。あなたの記事を良いと思った他の記事とつなぐのは簡単です。
  • クロスリンク: 他の記事にリンクすると、読者の視点が広がることがあります。しかし、リンク先の記事がなくても記事が面白いかを確かめてください。
  • カノン: 誰も財団の考え方は同じではありません。あなたが好きなように財団の世界を自由に解釈してください。共感する人が多ければ、サイトに残るでしょう。

ありがちなアイデア

  • マジックアイテム: 単一の異常な効果を持っただけのオブジェクト。このようなSCPオブジェクトには、ストーリーが必要です。あなたのアイデアが単に "Xを起こすY"と記述できる場合は、それ以上の開発が必要な場合があります。このような形の成功したアイテムには、物体を浮かせるウェブサイトアイなしフォンがあります。
  • 殺人アイテム: 人を殺す以外の効果がないSCPオブジェクト。これは退屈で、誰も好きではありません。あなたの記事の唯一の山場が人を殺すことであれば、それはおそらく成功しないでしょう。成功した記事には、最初のSCPあなたを殺すと脅すだけの天体それについてを書くとあなたを殺すものが含まれます。あ、やb――
  • generic monster(そこらのモンスター): 時折、SCPオブジェクトには怪物的な生き物も存在します。しかし、これは通常、強い物語を持っているかや複雑で論理的な異常な生物であるかのどちらかです。モンスターの記事にはヘッドライトテディベアがあります。
これらのアイデアは、強いストーリー要素がないために通常は機能しません。また、マジック/殺人/モンスター的アイテムはwiki上で何百回も実行されているので、新しいものは、とても独特なものでなければなりません。

インスピレーションを見つける

ブレインストーミング

人々からのアイデアやコンセプトを膨らませ、彼らが何を考えるかを見てください。しばしば、他の人のコメントや考えが実際に自分のアイデアに影響を与えることがあります。これは、フォーラムやIRCを通じて他のコミュニティメンバーと行うことができますが、執筆者でない友人や家族でも行うことができます。
柔軟に! あなたのコンセプトの特定の解釈に固執したり、釘付けにしたりしないでください。誰かがあなたがうまくいくと思うものを提案してきたら、それを実行するのを恐れないでください。草案を放棄して一から始めるのは恐ろしいこともありますが、あなたは自分の記事をできる限り良くしたいと思っているでしょうし、時間を計っている人がいる訳でもありません。
とりわけあなたが記事を書き始めたばかりなら、他人のアイデアを聞いて、実際に他の人からのアドバイスを考えてみてください。否定的なフィードバックを追い出すことは、誰にとっても不利なことです。執筆は協力的なプロセスであり、私たちはお互いが可能な限り最高の執筆者であるようにお手伝いしたいと考えています。

蓄えられた言葉

  • 執筆を始めよう: 最も盛り上がりの薄い部分と最も盛り上がる部分を行き来しながら大筋を描いてくださいこれは、削るものと残すものを決めるのに重要なポイントです。
  • 大筋: オブジェクトの性質を並べた簡素なリストから、自分がSCPをどう書くかを記した詳細な説明までどんなものでも構いません。後で記事を書くのに十分なくらい詳細に書く必要があります。
  • 通常のSCPの記述形式は、オブジェクトの物理的な形状の説明、またはそれが物理的な物でないなら概念の概要の説明から開始します。その後、それらは異常な効果やその他のストーリーに入ります。記事には、始まり、中間、終わりが必要です。ストーリーはある種の流れを形作っており、そこには舞台と山場が存在します。

ストーリーを伝える

  • 枠組み! SCPフォーマットは、あなたのストーリーを組み立てる際に多くの柔軟性をもたらします。記事は、原子核施設のくすぶった残骸から抜き出されたものであってもよいし、乾いた執筆にいくつかのスパイスを注入しようとしている、退屈した書記によって書かれたものであってもよいです。
  • エモーション! あなたの記事を通して、読者が何かを感じるのが理想的です。ホラー、ユーモア、興味、嫌悪感など、感情的な反応を引き起こすのは、良い文章の特徴です。それがなければ、あなたの物語は何もないのと同じです。
  • あなた自身のペースでやって、できるだけ早く書こうとしないでください。あなたは物語を伝えることができる唯一の人であり、そうするためには時間をかけて書く必要があります。誰かが「いいよ」と言うとすぐに記事を投稿したくなる衝動に駆られるかもしれませんが、すべての準備が終わるまでは延期してください。
変わり種についての注意 - これまでに行われていない方法でSCPを表現することは可能です。しかし、既に視覚のみのSCP、音声記録だけのSCP、および多数の他の飛び道具的な記事を持っているので、新しいフォーマットスクリュー (*4)の形を見つけ出すことは今までよりずっと困難になっています。これは、人々が試みを停止しているわけではありません。

下書きと見直し

  • 完成させよう! すべての文章を微調整して編集するのではなく、大筋を書きだした後に最初の下書きを完全に書く方がよいでしょう。
  • 声を出して書いたものを読むことは、文章が自然に聞こえ、うまく書かれているかどうかを知る良い方法です。あなたの口から出た言葉がおかしいと感じたなら、読者も同じように感じるでしょう。
  • 物理的な説明から、異常な効果、異常性の拡大、またはあなたの作った物語へと順序良く進めていくことは、自然で一体感があると感じるはずです。不必要な説明を削除すると、記事のポイントをより明確にすることができます。

フィードバックを求める

  • フォーラムやIRCチャットを通じてフィードバックを得ることができます。提案された考えをどんな方法で記事に反映し改善するかどうかは、あなた自身の判断と誠実さで考えてください。
  • 下書きを読んでくれる人には礼儀正しくしましょう。あなたはおそらくその日にフィードバックを求めてチャットに来た何十人の中の最後の一人に過ぎないのだ、ということを自覚してください。
  • チャットに参加して下書きへのリンクを載せて誰かが批評するのを待つような、下書きのスパム行為を何度も繰り返さないでください。それは、下書きを環境音のノイズとして消しさる素晴らしい方法です。

下書きフォーラムの使用

(転載者注: 以下のリンクはSCP財団日本支部への外部リンクです)
  • 下書きと批評: 完全にまたはおおよそ完成した下書きに使用されるこのフォーラムは、あなたのSCPを吟味し、それが良いかどうかを見るのに適しています。すべてのフィードバックは貴重ですが、正直な批判の代わりに高い賞賛を求めてはいけません。
  • アイデアとブレインストーミング: もしあなたが何かの種を持っていて、それをどうすればいいのか分からないならここです。ここで他の作家と意見を交わすことは、種を完全に形成されたアイデアに変わるのを助けます。
  • 質問: あなたが書いているものがよく分からず、他のフォーラムに入ると思わない場合は、ここに投稿することができます。質問、フォーマットのヘルプ、またはサンドボックス/チャットの援助をここで受けることができます。

記事を投稿する

  • 投稿: 記事を投稿する準備ができたと感じたら、SCP一覧の空きスロットを見つけます。SCP-XXXXの変換やその他のタイプミスを取り除くために最終的な校正を行い、評価モジュールを必ず追加してください。また、適切なフォーラムスレッドで記事の作成を発表するようにしてください。
  • 投稿後、記事作成から最初の1時間から1時間半まで滞在し、監視することが不可欠です。これにより、記事を作成または中断することができます。
  • 明らかな欠陥や誤りが早めのコメントによって指摘された場合、修正の機会が与えられます。
あなたの記事が削除されても、それについて心配しないでください。恐らくあなたは、ディスカッションで記事を修正する方法についての良いアドバイスを得たはずです。誰も削除されたSCPをそう長くは覚えていません。すぐに再度投稿しても、記事を修正するためにあなたをほめる人はいません。学習体験として受け取って、次のものに進みましょう。

執筆のエッセイは、ガイドハブ(転載者注: SCP財団日本支部への外部リンクです)でさらに詳しく解説されています。執筆エッセイの一部は次のとおりです。

SCPの安全な特別収容プロトコル:(転載者注: SCP財団日本支部への外部リンクです) 封じ込め手順に関する情報を解説しています。
禅とデータ削除済:(転載者注: SCP財団日本支部への外部リンクです) 効果的な情報の編集や削除の全て。
「語らずに語る」というやり方:(転載者注: SCP財団日本支部への外部リンクです) ホラー的なSCPを書きたい作家にとって、これは不可欠です。
エッセイのスタイル: あなたの意見を発達させる!
徹底解説クリニカル・トーン - 分析的な文章を書くために: 科学的な文体の書き方に関する追加のアドバイス。

さらに、メタクリティック その1: 批評家の義務より良い批評家になる為には、下書きのフィードバックと批評を通じてwikiに貢献したい人にとっては素晴らしいものです。

著者からの言葉
 
複数の学習スタイルを提供するため、初めてSCPを書く人へ向けて、何人かの著者からの言葉があります。
 

+ 表示


  • 最終更新:2017-03-20 17:34:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード