ホロウ・インサイド

今日はハロウィーンだ。

人々がひどいコスチュームで霊を追い払う無意味な古い伝統に従うときだ。

大丈夫、結構。私たちも無意味な伝統に従う、収穫の間飲み食いする前に食物を酷評するように。しかし少なくとも、戸口から戸口へ砂糖をもらい歩くモンスターに見えると思いこんでいる仮装した馬鹿の群れのようではない。

ハアア、結構。私たちは時折ひどい怪物に見えてしまう。少なくとも馬鹿ではない。

ハルコスト(Halkost)が時々馬鹿だとはどういう意味かね?彼らはときたま目を育てることを忘れ、壁へと歩き彼ら自身を融合させる、しかし少なくとも私はそうしない。

見ないでくれ、私はあの時のことは事故だったと誓う。

しかし、それを賭けるのはすこし馬鹿げた考えだ、とりわけ万聖節の前夜の間中は。

ああ、私は貴方たちがこれがどうやって進行するのか既に知っていると確信している。



人間は愚かだ、本当に。私は半身を括約筋に変え歩いていたが、誰も目を向けなかった、なぜならハロウィーンだからだ。本当に、それをどうやって動かしているかさえ聞かなかった。

いずれにせよ、私はここにいて、示した、「周辺地域を調査する。」

何が起きたかを見るために人で混雑したエリアにいるべきなのか私は疑問に思っている。見たところは、何もないらしい。どちらが退屈なのか、私は人々が私をちらっと見て目をそらすのが恋しくなってきた。不快だが、いずれにせよ彼らは人間にとても好まれてはいなかった。

これも万聖節の始まりだった。私は私たちがこれに似たものを得ることを願ったが、実際は、私たちは大量の死せる聖人を入手出来ていない。私は死ぬことはないだろう、ありがたいことに。死という形の祝福は私が受けた種類のものではない。

ここで退屈しているなら、おそらく私は戻るべき-

少しまて、今興味深いコスチュームがやってきた。

それは腕と顔の移植が見かけ上適合しており、銅色のマントが似合っていた。それは明らかにハロウィンの一般人だった。私が言いたいのは、チクタクとなるノイズさえ似合っていたということだ。

なんてことだ、彼はこの道を見ている。尾を引きずらなければ。これはまったく一般的な尾の支柱だ。角は明らかにプラスチックで、怪しい赤い物質で覆われているとは思われまい。そして、緊急のリンゴを引っ張りだす時だ。

「すみませ-わあ、ごめんなさい!あなたを誰か別の人だと思っていました。」

私は冷淡な応答を与えた。「フム、そうか。」

私は会話があまり得意ではない。

沈黙。彼はまだそこに立っている。私は疑問に思う。赤く染められたかぎづめと角を持つ蛇女の隣に立つのが面白いのか?

熟慮なしに、私は口に出した。「誰かを待っているのか?」

「ええ、ミス。娘です、わかるでしょ、彼女とここで会うんです。トリックオアトリートをしに行くんです、他の人たちみたいに。ところで、あなたのコスチュームも素敵ですね。」

「ありがとう、卿も同様だ。」

さらなる沈黙。

「では、卿は私をなんだと思う?」

「司祭です。」

かなり後まで、私は自分の間違いに気がつかなかった。おそらく私は間抜けだ。

「司祭、フム?興味深い返答だ。私は卿の見た目が、ウム、これをどう言えばいいのか...英語で、聖人と言いたかった。」

この行動は少しおびえをともなった。私はこの流れが好ましくない。

「聖人?私は全く反対の何かに見えるでしょう。」

「聖人は良く見えずともよい。私たちは明確にそうではない。」

おやしかめ面だ。彼は既にそれがわかっていたらしい。

「私は怪物のような見た目だ。卿の見た目はよく磨かれている、文字通りに。」

「あなたは彼を洗練さ抜きで見ていないようだ。私たちは彼以降の人間、でしょう?どんな仮装をしていても、私たちはみな同じです。本をその表紙で判断せず、タイトルで分類しないように。」

「同意見だ。」

見ろ、彼の娘が戻ってきた、口から小さな牙を生やしてマントをつけて。このようにカチカチする音は聞いたことがない。

「パパ!これを見て!」

「これはちょっと多すぎるね、エミリー、そうだろ?歯医者さんに行く必要がありそうだ。いくつかあげないかい?僕は甘いものがそんなに好きじゃないんだ。」

これにはあっけにとられた。誰も私に食物を差し出さなかった、お前の娘のキャンディ以外は。誰もそうしなかったが、これは奇妙なことだ。

「ありがとう、そう思う。心配するな、私は十分な歯がある。」

「でしょうね、またこの近くで。」

「そうはならないだろうよ。」

私は次回殺さない人間のリストを心の中で作った。同時に、たくさんのキャンディと味のしない芽にたいして途方に暮れている。

アルコーンはキャンディが好きだろうか?

  • 最終更新:2016-06-15 21:45:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード