テイル年別2012


SCP Foundationの年別テイルアーカイブへようこそ

このページのコンテンツは現在[機密指定]となっています。

このハブ内の特定のファイルは様々な分類がされている事、これらのファイルには認証済みの身分証が必要である事を職員は注意してください。



システムアドミニストレータのメモ:このアーカイブはこのwiki内にある全てのSCP Foundationのテイルの包括的なリストとして作られています。お望みのテイルをお探しの時は、下記のナビゲーションツールをご活用ください。もしお望みのテイルが欠落している場合は、著者もしくはdjkaktusにまで連絡をお願いします。



-年別テイル-

2008 - 2009 - 2010 - 2011 - 2012 - 2013 - 2014 - 2015 - 2016 - 2017



-ページ案内-

A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|misc



題名:原題 著者名 作成日
五つの供物の話
A Tale of Five Offerings
minmin 2012年1月19日、21:19
プレビュー:黝黒き月光の蕭蕭たる殿堂に於いて 宵去り五人の凛凛しき痴愚者来たり 一者、肉身を捧ぐ 二者、石塊を捧ぐ 三者、...
計算されたリスク
A Calculated Risk
Aelanna 2012年4月28日、04:00
プレビュー:監視室221-Dに入る扉が開かれ、そしてわずかな音と共に閉じられた。静かに忍び込んできたその男は窓の前に据えられたテーブルへ向かってゆっくり部屋を横切り、外向きに...
時代錯誤
Anachronisms
Djoric 2012年6月19日、23:28
プレビュー:リチャード・モス研究助手は走った。 人生において恐るべき物は無し、と彼は悠長に言っていたものであった。 蜂が頭上を...
さまざまな出来事
And So On And So Forth
Djoric 2012年7月25日、11:43
プレビュー:1994年3月15日 フランシスはペンで顎をとんとんと叩きながら、壁にピンで留められた大きな紙を眺めた。彼は考えていたより長くここにいた。...
Able Baker Charlie
Able Baker Charlie
Djoric 2012年7月29日、00:06
プレビュー:1997年5月2日 ミン・ユー・チャン、新月の皇帝の下僕は額の汗を拭いた。彼は平生恐れ慄くことはなかったが、...
ブラックウッド卿に尋ねよう
Ask Lord Blackwood
Smapti 2012年8月1日、10:21
プレビュー:"デーズ君!一体全体私のスリッパはどこにあるのかね!?" 関係当事者殿; タリーホォー!レディース・エーンド・ジェントルメン!紳士淑女の皆様!セオドア・トーマス・ブラックウッド卿とはこの私、...
遠く過ぎ去りし時
A Long Time Past
Djoric 2012年8月2日、09:45
プレビュー:1997年5月10日 雪で覆われた丘の麓の黒い月。 彼の兄が先に生まれたが、二人の内では幼い方が強かった。印がつけられた。...
そして、それは今
And So It Is Now
Djoric 2012年9月10日、04:49
プレビュー:1998年4月30日 アベルの拳が、もう片方の手で血が出るほど固く握り締められていた。墓碑の外の様子を窺い知ることは出来なかったが、大勢の人間がいるのは解っていた。 彼らを殺さなければならない。身体が緊張し、...
蝸牛角上の再会
A Most Unfortunate Reunion
Smapti 2012年9月25日、17:31
プレビュー:マシュー・エガース博士はサイト19の有知性動物研究のアシスタントであり、インタビュールームCの剥き身のテーブルの前に座って、手にはメモ帳を携えていた。...
「さよなら幽霊」より抜粋
An Excerpt from Goodbye Ghost
Salman Corbette 2012年11月12日、09:51
プレビュー:二幕、 二場: ジェームズ: (泣きながら) でも、どうにかならないの? ケツの幽霊: ケツのガンに治療法はないんだ。 J: 君なしで僕はどうすればいいの?...
異常芸術に関する一考察
A Study of Anomalous Art
Djoric 2012年12月28日、10:14
プレビュー:異常芸術に関する一考察 ~旧石器時代から現代まで~ 芸術アノマリー係長、ハンナ・モレル博士(以下の内容はモレル博士の論文の6~9ページまでの抜粋です。完全な...
ブライトに捧ぐ聖歌
A Canticle For Bright
Smapti 2012年12月30日、14:43
プレビュー:修道士ジャアフはオーバーウォッチ大聖堂の長いすに一人座っていた。頭上の汚れたガラスから薄暗い光がさし、冬の寒さをかすかに和らげている。...

題名:原題 著者名 作成日
弟の番人
Brother's Keeper
zaratustra 2012年5月24日、07:25
プレビュー:それは、ある意味皮肉だった。 CK、あるいはNK終焉シナリオにおいては、人類の僅かな生存者が滅びた世界で生き残るどんな僅かな可能性をも...
スレートサンダーについてのブリーフィング(カオスインサージェンシーについてのオリエンテーション)
Briefing on SLATE THUNDER (Chaos Insurgency Orientation)
Hornby 2012年10月20日、11:13
プレビュー:おはよう、諸君。コーヒーとベーグルはご自由にどうぞ。 私を知らない諸君に自己紹介させてもらうと、私はニール・ホーンビー大佐。...
ブロードキャスト
Broadcast
Gaffney 2012年11月20日、14:41
プレビュー:ジョン・カーライルは手を顔にやって、バスルームの鏡に写る自身の裸の姿を凝視した。...

題名:原題 著者名 作成日
歯車の仕事
Cogwork
Jekeled 2012年1月22日、09:53
プレビュー:汝は何者でもない。 汝は彼に対する侮辱である。汝は彼の面前に絶えず立ち、いまだ汝は汚れている。汝は錆と汚れた人生の腐食に覆われ、汝は許しを期待して彼に...
Command Performance
Command Performance
DrEverettMann 2012年2月17日、09:13
プレビュー:なめやがって、バケモンが! 撃て! 撃つんだ! クソっ! しつこい野郎だぜ! いいかお前ら、頭は撃つんじゃねえぞ……うおっ、キムラ! クソが! 脚だ! 脚を...
結論 RE:D-173-2263事件
Conclusions RE: D-173-2263 Incident
Adam Smascher 2012年4月11日、21:07
プレビュー:ご存知の通り、私がこの映像を要求した理由は私が検死した被験者173-2263、-2264、-2267に奇妙な発見をしたからでした。...
挑戦を受けて立つ!
Challenge Accepted!
doomsniffer 2012年5月13日、12:43
プレビュー:ドアの向こうから聞こえるくぐもった叫びと鈍いドスンドスンという音を圧して、甲高い警報の音が響いていた。収容室の中には...
クラス・オメガ
Class Omega
eric_h 2012年5月16日、01:47
プレビュー:昨日、また医者に診てもらった。彼らに言われたのは、覚えている中で興味深いことや身の回りで起きた奇妙なことを書き留めておけということだ。次に...
陰謀、プロローグ
Conspiracy, Prologue
Hornby 2012年8月14日、03:07
プレビュー:夜襲:イギリス、ロンドン、パークロイヤル工業地区 1988年12月20日(火)、現地時間23:34 ターゲットから1ブロック離れた場所に...

題名:原題 著者名 作成日
碇博士、ですか
Dr. Ikari, I presume
Edrobot 2012年1月14日、04:09
プレビュー:「アルト・クレフ博士。」碇ゲンドウは指を三角に組んだ。「あなたがここ、第三新東京にいらっしゃるとは……、控えめに言っても予想外です。」 「うん、そうだな。そこが...
狂小曲
Deranged Ditties
DrEverettMann 2012年4月1日、20:10
プレビュー:ジャック〝ダメなヨリック〟ダッキンス(ドーキンス)はSCP-110-6の収容室の前を通り過ぎるとき、空っぽの気配に向かって頷き、そのまま通り過ぎた。...
ロビンソン博士の声明
Dr. Robinson's Statement
Smapti 2012年5月15日、15:40
プレビュー:1994年12月6日関係者各位:私の名前はジェームズ・カイル・ロビンソン。SCP財団の上級研究員で、レベル4のセキュリティクリアランスを保持しています。私は1968年に...
Don't Forget
Don't Forget
Roget 2012年6月2日、00:06
プレビュー:この手紙は、誰でもいいから、誰かが仲間の面倒を見なきゃならないってことを覚えてる奴に宛てたものだ。俺はコンクリートの分厚い層で覆われた...
少女の日記
Diary of a Young Girl
Roget 2012年7月10日、18:36
プレビュー:今日あったこと わたしはLizzy Byrn、7さい。ママとパパとわたしはFrankiknbergという町にあるあたらしいお家にひっこしました。...

題名:原題 著者名 作成日

題名:原題 著者名 作成日
Foundation Burger
Foundation Burger
Gargus 2012年3月18日、13:48
プレビュー:「クソッタレが!どいつもこいつも!」支配人のフレッドは叫び、レストランの正面ドアを突き破った。「役立たずな連中を抜きにして...
ブラックウッド卿の手記から
From the Diaries of Lord Blackwood
Smapti 2012年5月28日、11:43
プレビュー:1857年7月3日: イギリスから出帆して以来、一年も大半が過ぎた。 荒野へと冒険に繰り出すときに見る、...
フラミンゴ
Flamingos
Wogglebug 2012年6月15日、05:26
プレビュー:注記: 以下の音声転写記録は、SCP-1507の回収任務中、アーサー・ウィンズワースの家庭用電話機に仕込まれているのが発見された盗聴器から...
創設
Founding
Djoric 2012年7月14日、23:16
プレビュー:1993年、8月12日 扉のチャイムが鳴った。 「ああ、来たみたいだ」 クロウ博士は立ち上がり、扉の方へ向かった。彼はいつもそうした、決して...
境界線に点る火
Fire on the Horizon
Dmatix 2012年8月24日、15:37
プレビュー:石造りの古い建物に傾いた夕日が影を落とし、旧イスラエルはアルメニア人地区の裏路地に夜の気配を...
ファーザー・アイアン
Father Iron
Gaffney 2012年12月27日、23:22
プレビュー:スーツの男は眉の下から汗を拭いた。キリスト、彼は彼らがそれをすぐに包むことを望んだ。詠唱はますます激しくなっていた。"ファーザー・アイアン、戦争の王!"群衆はハイチのクレオール語で歌った。"炎の君主!...

題名:原題 著者名 作成日
ゴッサムの最も奇妙な犯罪者
Gotham's Strangest Criminal
nyehcat 2012年6月9日、22:42
プレビュー:ゴードン本部長はゴッサムシティの新たな殺人犯による最新の犠牲者を見てため息を漏らした。「どうして犯罪者っていうのはどいつもこいつもこういった馬鹿げた手口を持つことに拘るんだ?」苛立ちに額をこすりながら...
Green
Green
Djoric 2012年7月19日、14:18
プレビュー:1996年11月17日 フランシスはあくびをした。一晩をオフィスで、書類の山に囲まれて過ごした。 ちくしょうアイスバーグめ、ちっとも...

題名:原題 著者名 作成日
Hiccup Jacet
Hiccup Jacet
DrEverettMann 2012年2月29日、00:13
プレビュー:とんだお笑いぐさじゃねえか。財団なんかのために命を投げ出す必要はねえ、そんな役は他の奴らにやらせろって、俺はいつも部下に言ってた。なのに俺はここにいる。口先だけ...
SPCがハロウィンを台無しにした経緯
How the SPC Ruined Halloween
azzleflux 2012年10月27日、08:53
プレビュー:「パパ、どうしてイルカみたいな格好をしてるの?」 ミッチェルは娘を抱き上げると笑った。 「イルカじゃあないよ、おばかさん!」彼は言った。「サメ...
クレフ博士は、如何にして、クリスマスを守りぬいたのか?
How Dr. Clef Saved Christmas
Smapti 2012年10月31日、19:48
プレビュー:会議室の中に、サイト-19のシニアスタッフがひしめき合い、12月中旬の凍える空気からお互いを暖め合っていた。コートや...

題名:原題 著者名 作成日
事例報告書KAF-09
Incident Report KAF-09
Candlebeam 2012年1月13日、06:20
プレビュー:参加職員:エージェントS████、エージェントF███ 日付:██/██/████ 場所:オーストリア、███████ 概要:当地域における異常現象の...
財団内部部門
Internal Departments
Gene R 2012年5月3日、04:47
プレビュー:この記事は公式設定やカノンとしてはみなされません 財団の滞りなき運営は、様々な部門での職務の分担によって...
In His Own Image 1
In His Own Image: Part 1
TroyL 2012年7月19日、16:49
プレビュー:2011年9月19日: ラメントの腕を伝い、血が落ちていく。有り難いことに彼自身のではなかったが、その女性の意識を再び起こそうとして、揺さぶる毎に、...
In His Own Image Interlude 1
In His Own Image: Interlude 1
TroyL 2012年7月19日、16:56
プレビュー:2007年8月18日: ラメントは少しクロムフレームに指を滑らせた。出費は高額だったが、...
In His Own Image 2
In His Own Image: Part 2
TroyL 2012年7月19日、17:00
プレビュー:1998年2月11日: 彼は禿頭の男に微笑んだ。手の代わりに肘を振って。手は物でいっぱいだったのだ。それから、自分のカップをデスクの端に置いた。...
In His Own Image Interlude 2
In His Own Image: Interlude 2
TroyL 2012年7月20日、00:58
プレビュー:2005年7月7日: 「ねえってば!」 ラメントはデスクから飛び上がって、女性の方を向いて見上げた。長い、ゆるくカールした、...
In His Own Image 3
In His Own Image: Part 3
TroyL 2012年7月20日、01:42
プレビュー:1998年11月1日: エージェント・ラメントは何かのついでのように、カレンダーを剥がし、そして万聖節の日を見つめた。彼は、古くなった日を投げ捨てて、...
In His Own Image Interlude 3
In His Own Image: Interlude 3
TroyL 2012年7月20日、04:50
プレビュー:2004年7月5日: 不自然な喧騒が一組のペアを囲んでいた。人々が叫び、騒ぎたてている。サイト-19の毎年の...
In His Own Image 4
In His Own Image: Part 4
TroyL 2012年7月20日、05:40
プレビュー:1998年11月8日: 「却下です、エージェント。」 ラメントは3人の博士からなる委員会を見上げた。つばを飲み、唇をわずかに舐めながら。...
In His Own Image Interlude 4
In His Own Image: Interlude 4
TroyL 2012年7月20日、05:57
プレビュー:2009年2月19日: 「ひ。ひ。ひ。ひ。ひい。」 ラメントは冷や汗をかいて、ベッドから見起こした。笑い声がまだ彼の耳に反響していた。...
In His Own Image 5
In His Own Image: Part 5
TroyL 2012年7月20日、10:38
プレビュー:1998年11月26日: ラメントはガラスに眉をひそめ、敬意と畏れが交錯した奇妙な感情を抱きながら、ガラスの向こうの中に浮かんでいる箱を見つめた。それは...
In His Own Image Interlude 5
In His Own Image: Interlude 5
TroyL 2012年7月20日、13:38
プレビュー:2007年8月16日: エージェント・ラメントはサイト19の混乱の中に立っていた。...
In His Own Image 6
In His Own Image: Part 6
TroyL 2012年7月20日、15:13
プレビュー:1998年11月27日: ラメントは内科病棟の床に座り、壁に凭れかかった。彼は両方の腕をしばらくさすり続け、...
In His Own Image Interlude 6
In His Own Image: Interlude 6
TroyL 2012年7月20日、16:31
プレビュー:2007年8月18日: 「すいません……本当……本当に……」 ラメントは言いながら、声がうわずらないように、つばを飲み込んだ。...
In His Own Image 7
In His Own Image: Part 7
TroyL 2012年7月21日、06:02
プレビュー:1998年12月22日: ラメントは椅子に凭れかかり、コーヒーをすすって、サンドイッチに手を伸ばして、噛み付いた。昼食は...
In His Own Image Epilogue
In His Own Image: Epilogue
TroyL 2012年7月26日、16:20
プレビュー:2011年9月21日: ラメントは、ドアが動く音にハッとして目を覚ました。彼は考えた。また夢か。だが、良くないことに、...
私はとても模範的な
I Am the Very Model
Smapti 2012年7月30日、18:59
プレビュー:私はとても模範的な冒険家にして紳士なり 私は陸海空の未確認動物を狩ってきた 私は科学の法則が堅くて...
それは休暇ではなかった
It Wasn't a Vacation
Djoric 2012年8月10日、02:14
プレビュー:1997年9月21日 ジャック・ブライトはじっくりと、職業の変更について考えていた。科学は駄目だった。他の人間との接触が多すぎることが1つ。...
幕間1:断片
Interlude 1: Patches
Djoric 2012年8月22日、00:19
プレビュー:1997年3月18日 コナー・ゲリー博士は歯車を数えていた。 午後3時34分、正午11分前に始めてから、彼は...
そんなスペルじゃない!
It's Not Spelled Like That!
Gargus 2012年10月28日、09:29
プレビュー:「彼がそこに現れてからどれくらい経った?」とサイト管理者が中央玄関へと続く回廊を歩きながら尋ねた。 「はい、おおよそ...

題名:原題 著者名 作成日

題名:原題 著者名 作成日
膝までKeterに浸かって
Knee-Deep In The Keter
zaratustra 2012年1月21日、14:11
プレビュー:SCP-076-2、又の名をアベル・ベン・アダム、それは神の孫。血に濡れ、強酸に苛み、火に焼かれ、それで彼は至福であった。 「スリップゲート...

題名:原題 著者名 作成日
Anomalousアヒル一覧
Log of Anomalous Ducks
Skara Brae 2012年3月22日、06:24
プレビュー:メモ: 事案F-19██及びSCP-1356回収の後、それを起因として生じた異常物品については研究セクター-09で評価・収容を行うこととなった。検査は進行中であり、関連性のある対象は現在も...
いのち と し
Life and Death
Roget 2012年5月3日、07:09
プレビュー:1分。彼は自らが成長しているのを感じている。痛みはするが、我慢できる。とにかく、真の苦痛はまだ始まってすらいない。彼はこの痛みを余りにもよく...
ブラックウッド卿の大タラスク狩り'83
Lord Blackwood and the Great Tarasque Hunt of '83
Smapti 2012年5月31日、19:53
プレビュー:1883年5月14日: 今朝、私は非常に好奇心をそそる手紙を受け取った。 英国に帰って来て四ヶ月ほど経った頃だ。...
ブラックウッド卿と呪術師
Lord Blackwood and the Thaumaturge
Dmatix 2012年6月4日、05:46
プレビュー:インタビューログ1867-23 面談者: アダム バーンスタイン博士 対象: SCP-1867 初めに: SCP-1867(被験者)に対する標準的な調査インタビュー時に、...
ブラックウッド卿の星海の船乗り
Lord Blackwood, Astro-Naut
Smapti 2012年6月4日、10:52
プレビュー:1856年4月3日: 助け船がやってきたのだ! パーマストン卿政権下の上院で、クリミア半島に於ける戦争を終わらせる任務の援助を果たし、...
ブラックウッド卿と不浄の地
Lord Blackwood in the Land of the Unclean
Smapti 2012年6月6日、20:43
プレビュー:1875年 12月25日: 幾年に渡り至る所を探検してきたが……クリスマスのロンドンのように静謐とした世界を見たことはない。...
ブラックウッド卿の復讐
Lord Blackwood's Revenge
Smapti 2012年6月19日、18:02
プレビュー:セオドア・トーマス・ブラックウッド──探検家にして紳士── 彼は、テーブルの脚を伝い登り、秘密裏に23C貴重品保管ロッカーの隅々を這い征く。...
有責義務
Liability
Jekeled 2012年6月28日、05:03
プレビュー:「申し訳ございません、奥様、ですがワンダーテインメント博士はワンダーテインメント博士の子ども先生用いしょく手術キットの不正使用に対して...

題名:原題 著者名 作成日
マルチ-U101
Multi-U 101
Djoric 2012年2月15日、06:23
プレビュー:こんにちは、皆さん。私の名前はトレバー・ベイリー博士です。私は超宇宙業務部門の部長です。そしてこれは、超宇宙...

Mystery
MisterBibs 2012年5月1日、04:32
プレビュー:いや、クレメント。俺は本気だ。そしてその通り、俺はほんの少しだが中国語が分かる。だから誰かが「馬鹿げてる」って言えば気付くぞ。諜報部員はあらゆることを知るために必要というだけで...
MC&Dエージェントのオリエンテーション
MC&D Agent Orientation
Bookwizard 2012年7月25日、08:20
プレビュー:ようこそ、マーシャル・カーター&ダーク・リミテッドへ。 君たちがここにいるということは、君たちは我々上流階級に受け入れられたということです。 おめでとう。 では、順を追って、...

題名:原題 著者名 作成日
New Year's (Part 1)
New Year's (Part 1)
Djoric 2012年8月27日、06:01
プレビュー:1997年12月31日 アルト・H・クレフはチェックリストの次の項目に印をつけた。その隣にははっきりとこう書かれていた。 『ヴィレンドルフの...
New Year's (Part 2)
New Year's (Part 2)
Djoric 2012年8月30日、06:17
プレビュー:1998年1月1日 アルト・H・クレフは小さな雪の円から焼け焦げた汚物の中へ足を踏み出し、自らの仕事を感心しながら眺めた。いくつか大きな塊が...
劔ヲ鞘ニ収メジ
Nor Shall My Sword Sleep
SRegan 2012年10月16日、04:04
プレビュー:君もよく知っている例の彼の、つい最近の書類の束からこれを見つけ出した。1930年代の日付になっているあたり、恐らくは彼が、それほど乖離していないパラレルワールドに住むもう一人の自分から受け取った物だろう。とはいえ...

題名:原題 著者名 作成日
始まり
Origination
Djoric 2012年7月10日、10:02
プレビュー:フランシスは頭の中でミンガスを再生し、疲弊した心に潜む記憶から抜けだそうと試みていた。できることなら眠って、全てを夢にしてしまいたかった。...
オリンピア
Olympia
Roget 2012年11月13日、09:09
プレビュー:その施設をぺたぺたと歩いたとき、教授は懐かしい冷たいリノリウムの床を感じた。長い時間が経っていたが、すべてが彼の覚えていた通りだった。エントランスホールは...

題名:原題 著者名 作成日
パイロット版
Pilot
zaratustra 2012年7月9日、21:54
プレビュー:テロップ この番組は財団内の倫理委員会と認識災害対策課によって消去されました。消去された箇所の入手には、...
後援
Patronage
TroyL 2012年7月25日、08:20
プレビュー:拝啓: 五歳のとき、私は映画館で火災に遭いました。本当の話です。愚かなティーンエイジャーが笑わせようと大げさに言うような陳腐な冗談ではありません。今振り返ってみると、...
幕引きの後
Post Finem
DrEverettMann 2012年12月30日、05:12
プレビュー:世界は昨日終わりました、そして、今朝まで誰もそのことに気が付きませんでした。もう供給は届きません。もうだれも心理学者に診てもらう必要はありません。...
親であること
Parenthood
Goodwill 2012年7月24日、14:28
プレビュー:To: テルマ・███████ (█████████@hotmail.com) From: アンドリュー・███████ (██████@yahoo.com) 送信日時: 2004/6/5 16:23 件名: ビッグニュース!...

題名:原題 著者名 作成日
静かな日々
Quiet Days
Dmatix 2012年8月31日、06:51
プレビュー:終わってしまった。 最下級の警備員からO5評議会に至るまで財団のだれも、なにが終わったのか正確に説明することができなかった。推測するとしたら、...

題名:原題 著者名 作成日
復元されたデータファイル
Recovered Data File
thedeadlymoose 2012年2月26日、16:43
プレビュー:復元されたデータファイル L246-A1780B23971C20987D091 を初期化しています ドキュメント███-██████-██ の穴埋めされたデータを表示しています [レベル4の認証が...
従者の回想
Recollections of a Gentleman's Gentleman
Smapti 2012年6月2日、19:03
プレビュー:インタビューログ662-37 聞き手: S.サメシュ博士 話し手: SCP-662-1("デーズ氏") 始めに: SCP-1867の影響で見つかる物の確認の際、...
復元された文書4761:CotBG-82
Recovered Document 4761: CotBG-82
Joreth 2012年7月6日、23:45
プレビュー:グレートブルックハム、サーリー-デイリーメール 発表日時: 06:10 GMT,2004年4月18日|更新日時: 07:31 GMT,2004年4月18日 ティーンエイジ'カルト'メンバーが捨てられた車両を供物に捧げるために一月に2台襲う...
錆びついた悪夢
Rusted Nightmares
Snowshoe 2012年12月08日、10:35
プレビュー:走れ。見える限りに錆びついた金属が広がっている。ランナーはそれが彼の目前に迫っていることを気にしない。彼にとっては、閉所恐怖症的な廊下が永遠に伸びている...

題名:原題 著者名 作成日
SCP-1926-R
SCP-1926-R
eric_h 2012年1月12日、22:52
プレビュー:[データ削除]以前の、水中のSCP-1926の写真 Item #: SCP-1926-R Object Class: Keter O5命令によりSCPオブジェクトから除去されました。取扱方: 機動部隊デルタ-16“深海の...
きぬのように滑らかな
Smooth as Silk
Djoric 2012年1月13日、11:40
プレビュー:諜報報告は明らかにしている―――ゼーレは人類補完計画を実行するつもりだ 畜生め 私はNERVに対する総動員を...
Sa Jin(写真)
Sa Jin Photo
Dr Gears 2012年2月2日、19:34
プレビュー:私は海外に4年間配置され、大韓民国での駐留米軍のプレゼンスを補強する援助を行っていた。人が無作為に撃たれるだとか、汚らしい状況だとか、それについての恐ろしい話はいくつか耳にするだろうが...
SCP、ゲットだぜ!
SCPokemon
Dexanote 2012年2月3日、11:16
プレビュー:「アンタの言うように、俺達はSCP-826を閉じることはまだできねえ…」 「誰かがメインストーリーを終えるまで、ですね。」 「そして俺達は話のどこにスキップが...
SCP-百萬
SCP-One Million
DrEverettMann 2012年3月31日、13:45
プレビュー:「愚僧に、物を教えてくれ……」 神官は言いました。 「あの物が居るのは──」 私は言い出しました。 「いかん!」 棒が降りてきて、こぶしを叩かれました。 「先ず、止め方、...
セル142の扉の下から
Slipped Under the Door from Cell 142
DrEverettMann 2012年5月13日、01:02
プレビュー:Item #: ████ Object Class: Euclid 取扱方: このSCP-████の取扱方の改稿は、これ以前のすべてのバージョンにとって代わります。 SCP-████は収容セルに収容され...
海酔いしたサメ
Seasick Sharks
SoullessSingularity 2012年7月26日、12:51
プレビュー:☦冗談でなければならなかった物語。☦ 彼らが僕を海へ送り出すと、もう二度と家族や友だちと会えないのだと悟った。これまで一度も海を...

題名:原題 著者名 作成日
ジェームズ、8歳の完全なカノンたる物語
The Completely Canonical Story of James, Age 8
Salman Corbette 2012年4月1日、17:25
プレビュー:やあ。僕の名前はジェームズ。ひょっとしたら子供をテーマにした-Jのあちこちで見かけたから知っているかもしれないね。今ここにいるのは、その馬鹿騒ぎの根源にある恐ろしい真実を...
御書
The Book
Zekky 2012年4月10日、08:56
プレビュー:「<御書/The Book>は教ふ。<御書>は導く。」 アリアは曼荼羅を自分自身に念じた。声は戦慄えていた。<御書の護り手/The Keeper of the Book>は<終の詠上/...
The Doc Block
The Doc Block
Salman Corbette 2012年4月26日、08:33
プレビュー:”今日は君のために可愛らしいお嬢さんを連れてきたよ、173。”博士が彫像に言った。彫像は反応しなかった。 というのも、誰が見ることが...
御言葉
The Word
doomsniffer 2012年5月8日、13:09
プレビュー:物音に気が付き、振り返った。修道僧ウラール(Ullar)が、法衣の頭覆いから顔を覗かせ、私を見つめていた。神父さま? 村中の者がもうこちらに集まっています。神父さまを待ち侘びていると思うのですが。修道僧ウラールは...
批評家
The Critic
Smapti 2012年6月11日、19:37
プレビュー:“批評家(クリティック)”は238号室の正面にある机に静かに座っていた。灰色の長髪はポニーテールに結わえられ、70代相応のシワまみれの顔は意図読み難い眼光を放ちながら凍り付き、指はストップウォッチのリズムで卓上を...
トータル・リコール
Total Recall
Salman Corbette 2012年6月25日、04:06
プレビュー:背景: 20██年05月13日02時01分34秒、ワンダーテインメント博士製の道具と疑わしきものがサイト-██の外部で発見されました。エージェントが回収のために...
最後の、最大の希望
The Last Best Hope
Smapti 2012年7月5日、17:13
プレビュー:D-3672はベンチに腰をおろすと不安そうだった。今から2時間前まで、6名の技術者が彼の体格に...
彼女の髪の香り
The Smell of Her Hair
TroyL 2012年9月21日、03:19
プレビュー:”銃弾が彼の頭に少しずつ近づいてきたとき、彼はいくつかのことを考える時間があった。 最初は彼の初めての本当のガールフレンドがどんなに美しいか...
Treats
Treats
Dr Gears 2012年10月28日、07:13
プレビュー:ここで改めて指摘しておきたいのは、一般的に考えられているのとは異なり、106は単なる捕食生物ではないということである。ただの凶暴な鮫のようなものと思ってはならない。SCP-106は、人類とはまったく異なる異質な知性を持った知的生命体である...
Tales of the Foundation Force Five
Tales of the Foundation Force Five
CryogenChaos 2012年11月30日、06:43
プレビュー:以下はコミックシリーズ『ファウンデーション・フォース・ファイブ』からの抜粋です。「スーパー・コミック...
カルスの盛衰
The Rise and Fall of Callus
Snowshoe 2012年12月3日、08:28
プレビュー:生存者は大学の表口の前に立っていた。彼は慎重に前に手を伸ばして、静かにドアを開けた。歩みを進め、...

題名:原題 著者名 作成日
やりかけの仕事3
Unfinished Business III
TroyL 2012年5月12日、16:14
プレビュー:ダメ、ダメ。ここはほら、「やりかけ」なんだから。 名前通りにね。 ………。
UIUのオリエンテーション
UIU Orientation
Kingreaper 2012年8月16日、07:23
プレビュー:FBIで二番目に人気のない部署、異常事件課にようこそ。 きみたちの大半は、だれかに面倒をかけた結果、...
テディおじさん
Uncle Teddy
Smapti 2012年10月13日、11:42
プレビュー:テディおじさんはいつだって変わり者だった。…

題名:原題 著者名 作成日

題名:原題 著者名 作成日
番組を中断します
We Interrupt this Program
Salman Corbette 2012年5月6日、07:04
プレビュー:1. キャビネットを開くとき、このようにカップが落ちてしまうことってありませんか? ご自分の手で高い棚の物を探したりしたことは? 私もあります。...
何故変わろうとしないのか?
Why Change?
Joreth 2012年9月13日、11:59
プレビュー:結局、それはミーム的なものだった。 全てはヴァン博士が財団から解雇されたことから始まった。私は学士号を取得し、優秀な成績から...
人が終わりに達する時
When One Reaches the End
Djoric 2012年10月22日、05:04
プレビュー:彼奴らが『女王陛下の精鋭』であると言うのだろうか?六人の老人が膠泥に穿った孔を突付き、掻き出し、霧と泥土と屍臭の立ちこめる壕を掘り進めていた。これが、約20年前に崩御した...

題名:原題 著者名 作成日
データが有りません

題名:原題 著者名 作成日

題名:原題 著者名 作成日

題名:原題 著者名 作成日
5700年後
5700 Years Later
Von Pincier 2012年8月19日、06:48
プレビュー:観察されなくなったのはいつ頃だろうか、あの憎むべき星にはわからなくなっていた。 率直に言えば、本当に、どうでもいいことだった。 シカトを...

  • 最終更新:2017-03-25 03:58:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード