インタビュー記録783-1

©Arlecchino 2010

インタビュー対象: Class-D-783-53

インタビュアー: █████博士

前書き: SCP-783から脱出した実験対象の唯一の生き残りとのインタビューである

<記録の開始>

█████博士: 20██年██月██日に、何が起こったのか説明して下さい。

Class-D-783-53: *深く息を吐いた後、小さな咳をする* ええ、科学者達が新しい実験のスケジュールを立て、どんな種であれ彼らが内部へ送った動物をすぐに回収できるよう、私達をエアロックの中に入れました。その時彼らは餌も一緒に入れました、理由は知りません。とにかく、私はそれがダニか何かだと思いました、近くでは見ていません。もしそれを前もって見ていたのなら、その後起こったことをよりひどいものにしていたでしょう。

█████博士: 何が起こりましたか?

Class-D-783-53: ええ、変化が。*震える、たじろぐ* それで、私たちはそれを掴む準備ができていました。科学者達が出くることだと言い、私とジム(Class-D-783-44)がそこにいて、エアロックが開いてそこには何もいませんでした。気配はありませんでした。科学者達はあたりを見回し、その時この触手がジムの周りを包み彼を内部へ引っ張ったのです!彼は私に向かって助けを叫び求め、科学者たちは私にその場にいるように叫び、私は-私はただ固まっていました。その時それが出てきて私を掴みました。

█████博士: 実験対象ですか?

Class-D-783-53: ええ、それは今ではもっとたくさんの足とタコのような触手がありました。それは私が木であるかのように登ってきて、首にくっつきました。剥がそうとしましたが、息ができなくなるまでただ締めてきました。私は気を失いました。意識が戻った時、私はもはやエアロックの中にいませんでした。私は歩いていましたが、でも歩こうとはしておらず、体がただ動いていました。それがまだ私の周りを包んでおり、でも私はまるで触手が私の首や頭のなかにあるかのように、それを私の中にも感じることができました。なぜだか、私はそれが私の脳へ進んでいくことを感じることができました。それはまるで私の心を読もうとしていたみたいでした。それが走らなかった唯一の理由は、それが私の脳を読もうとすることにあまりにも忙しかったからだと思います。

█████博士: 読もうとしていた?

Class-D-783-53: 私はそれが私の考えを理解できたとは思いません。それはまるで、まるで私たちは2台の車で、でも別の国のものであるかのようでした。そのいくつかは同じですが、残りは完全に互換性がありません。私たちはチームが現れるまでただ歩き続けました。彼らは私に立ち止まるよう叫びましたが、私は何も言うことができませんでした。彼らは私を撃ち始め、そしてそれは私を走らせ始め、私はその心を感じることができました。それは…説明できません。それは理解不能でしたが、いくつかの事柄が浮かび上がってきました。

█████博士: どの様な感じでしたか?正確に言うと?

Class-D-783-53: 恐怖です。それはとても怯えていました。私はそれが何が起こるのかを理解していたとは思いません。迷子になった子供のように。それは何をするのか知らず、起こったことと私、そして私達を追ってくるチームに対してとても恐怖していました。そして私たちは崖から落ちました。私はそれは手遅れになり、落下するまで気づかなかったと思います。落下で私の足は折れました。チームが追いつき、降りてきて、私を気絶させました。意識が戻ると、私はここにいて、それはいなくなっていました。ただ私は変な感じがします。呼吸をするのが難しくなっています。あなた達がこれを直してくれますか?

█████博士: もちろんそうします。心配しないで下さい。

<記録の終了>

インタビュー後の注: Class-D-783-53は臓器障害のため数日後に死亡しました。調査では実験対象が中枢神経系に穴を掘り、僅かな量のDNAをその内部に残していたことが判明しました。Class-D-783-53及び実験対象の調査が進行中です。

  • 最終更新:2016-09-30 00:33:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード