ある晴れた日、彼は盲いた聾だった。


波が彼の体に飛び散ったとき、彼は次第に意識が戻っていった。どれくらいの間ここに横たわっていたのだろう?彼は自分が砂の中に半分埋もれているのを発見し、動こうとしたが、そうするには彼は弱すぎた。

日が昇ってきたのだろう。彼は熱を感じることは出来たが、目は開かなかった、もし目が存在しているのであればだが。何かとても悪いものを感じたが、彼はここが何なのか全くわからなかった。思いだそうとしだが、その間に彼が考えたことは、何かを持っていたが、それらはすべて遠く離れた非現実のものであるということだった。すべてが曖昧に感じられた。彼は何かが、あるいはすべてが失われたと感じた。そして彼は痛みを思い出した。

彼は絶叫したが誰もそれを聞くことはなかった。彼の体はかろうじて繋がっていたが、それぞれの苦悶に満ちた断片は絶叫の合唱を放っていた。海と砂は、彼の体を包み傷を這い回る永遠の牢獄であった。もがけばもがくほど、痛みは増した。逃げ場はなかった。

彼は飢えていた。何かを食べなければならなかった。もしくは?彼は何を必要としていたのか思い出せなかったが、にもかかわらず飢えは彼を苛んだ。そこには奇妙な渇望があり、失われた物を再構成-補填しようという衝動があった。それゆえに彼は自分の周りの砂を掘り、見つけられたものすべてを飲み込んだ。しかし食べるほどに、彼は飢えを感じた。彼の体はあるべきではない体の一部が成長するのを感じる度に痛んだ。癌、おそらく、だが彼はそれを気にしていられなかった。

何かが失われていた、彼はそれを見つけなければならなかったし、痛みを止めなければならなかった。

彼は何日も絶叫し地面を掘り食事をした。次第に、土は彼への支配力を失っていき、彼はもはや塩気のある海の拷問を感じなくなった。痛みが続く間彼は考える時間がたくさんあったが、彼の記憶はおぼろげで壊れていた。彼は何者なのか、彼の名前は何なのか?彼は知らなかった。何が起きたのか?彼は思い出せなかった。漠然と、彼は戦争を思い出すことが出来た。いや、戦争ではない、単なる戦闘だった。もしくはただの闘争だったか?

ある夜、彼の体が満月の光を浴びていたとき、誰かが彼の叫びを聞いた。彼らは彼を家へ連れ帰り、彼に積もっていた汚物を取り去るために近づいた。彼らは彼に話しかけたが、彼には理解できない言語だった。彼は礼を言ったが、彼らが感謝の言葉を理解できているかは疑わしかった。痛みは消え去っていなかったが、彼の新しい家にいる間に減少していった。そこには彼を窒息させる水も、彼をぼろぼろにする砂もなかった。彼の世話役は絶えず彼に食物を与え、彼の終わらない飢えを和らげた。

彼の具合が良くなれば、彼の言うべきことを彼らが理解できるようになるのではないかと彼は考えた。彼は彼らの争いと混乱を感じていたが、彼らの性質を理解できていなかった。彼は奇妙なものを与えられていた。それはもがくかのように動き、彼の体を奇妙な液体に浸らせた。それが何であれ、彼は自分を止められなかった。

彼は叫び声を感じた、彼のものではなかったが、彼の周りからしていた。彼は何が起きているのか理解できなかった。それは彼に戦争を思い出させた-もうずっと前の戦いを。これらの絶叫は良いものなのか?何者かが来て、彼の世話役は走っていった。

彼は彼らを知らなかったが、すぐに恐れるようになった。彼らは彼らを奇妙な物と巨大な水牢に運んでいった。彼は世話役たちと走っていきたかったが、出来なかった。彼は絶叫し続けたが彼らは気にしなかった。彼らは近づき、彼を冷たい塩水の中に投げ込んだ。

彼の感覚が離れていったとき、彼は自分がまた溺れているとわかった。











SCP-882透明白.png

  • 最終更新:2016-07-23 14:19:31

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード