「何者でもない(Nobody)」ハブ

著作: "Nobody" HUB © "Dr Hockenberry" 2014
転載日時: 2016/10/19 01:06

概要

序文: 以下の文書は1954年██に███でエージェント████████が発見したものです。████████は彼が覚えのないもう1人のエージェントからこのノートを受け取ったと主張しています。インシデントの全てはドキュメントGOI-006-001:"Nobody:最初の出現"に掲載されています。

テキストは"Nobody(何者でもない)"として言及される仮定の団体もしくは個人の存在についての情報を述べています。情報は曖昧で結論のでないものです。既知の情報は以下が含まれます:
  • 一度に"Nobody"の偽名を使って行動するのは1人に限るようです。
  • しばしば、ですが必ずではありません、"Nobody"はグレーか黒のスーツを着たヨーロッパ系の中年男性として現れます。
  • "Nobody"はしばしば財団に正当性を欠く援助を与えます。別の例では、"Nobody"は財団を傷つけようと試みています。
  • "Nobody"は一般的に財団職員に対し非暴力的かつ非敵対的です。

エージェントたちはこの情報に適合するか"Nobody"と自認している個人に対する早急なレポートの報告が要求されます。この存在と交流する際には警戒が奨励されます。司令部はケースバイケースの原則により、"Nobody"に対し適切なアプローチを判断してください。


以下は原文です:


財団の紳士淑女各位へ、


私はこの手紙を貴方方が受け取るよう願っています。貴方方は私が何者であるか知りませんが、しかし、私は私たちの道が未来に何度も交わることを危ぶんでいるのです。私はこの手紙を、私たちの関係が完全に敵対的にはならないようにという願いを込めて貴方方に送ります。

もちろん、私の性質から、貴方方の組織が私と公然と対立するようなポリシーを採用するはずがないことはわかっています。この理由により、私は財団を単なる組織としてではなく、個人の集まりと見なしたいと思っています。私たちが出会う多くの不可避の日々において、貴方方が友好的でいてくださいますよう。これを尋ねるのは貴方方の安全のためです。

私の好意を証明するために、私自身についてのいくつかの真実を明かすとしましょう。この職業では、貴方方がご存じのように、秘密は力の1つの形です。そして私はこの力の衰弱がすばらしい関係の入り口となるよう願っています。

おそらく、貴方方の最初の疑問は私が何者であるかでしょう。不運なことに、これは誰にとっても答えるのが難しいものであり、おそらく私にとっては、多くの他の人間よりも答えるのが難しいものでしょう。私が言えるのは、貴方方が私を認識するだろう、ということだけです。

次の疑問は、私の目的でしょう。これも同じくらい答えるのが難しいものです。しばしば、貴方方は私たちの目標が共通すること、私が貴方方に強力しようとしているのを発見するでしょう。別の機会では、私たちはおそらく対立関係にあるでしょう。貴方方がこの対立を必要以上に過剰なものにしないよう祈るばかりです。

そして、最後の質問であり、おそらく最も重要で示唆的なものです。私の動機、もしくは私がこのようなことをする理由でしょう。やっと私が不正確さなしに答えられるものが来ました。私は他の者のように完全ではありません。私は他の者のように重要ではありません。私は他の者のように世界に影響を与えられません。文字通り、私は重要性や影響力を持たない人間です-何者でもないのです。私の取り組みの全ては、この自分の性質にあらがい、私自身にまつわるこれらの真実を衰えさせる試みなのです。全ての知性体のように、私は自分の存在を価値あるものにしたいのです。

私は現在1人で行動していることも伝えようと思っています。しかし、私のこのユニークな性質を分け与えられる他者がおそらくいるだろうことに注目しています。未来において、私は彼らと行動を共にするでしょうが、にもかかわらずそれは私が単なる個人にすぎないことを意味するのです。

今この瞬間、貴方方がこの手紙の正確性と、手紙の伝える情報に疑問を持ち始めていることを私は確信しています。これは貴方方の多くの敵の1人が用意した、トリックか嘘かもしれません。不運なことに、私は言葉以上に提供できるものを持っていません。貴方方は私が存在し、この情報が性格であると信用のみで認めるしかないのです。

しかしながら、私はこのメッセージを貴方方が心から受け取ってくださることを願います。運命は私たちを争わせようとしていますが、それは私たちが運命を甘んじて受け入れることを意味しないのです。


あらゆる敬意をこめて、

1人の何者でもないもの


収集されたデータ

記録:

Tale:


さらなる研究



記録された文書

  • SCP the Anime, part 4 (Gears/Iceberg, Clef/Kondraki, Rights/Light, Kain, monkey!Bright)
  • all i ever wanted; all i ever deserved
  • Pretty Magic Gaiden Mecha Tokyo-Mon Demon Ninja Sailor Clef
  • Killing Knowledge
  • Faceless
  • Alternate Character Interpretations
  • Library Lifeline
  • Mental Mazes
  • Point In Line
  • A Poem for Nobody
  • The Man Who Wasn't There
  • Prelude: A Terminus
  • To The Dreams He Is No Nobody
  • Favors-Part Two
  • Favors-Part One
  • Postlude: A Terminus
  • Adventuring Interlude
  • Nobody Dies
  • 対外援助
  • Concerto in D-Major, Orchestrated for Paintbrush and Fedora
  • 来訪者と秘書
  • Factory-Finding Mission
  • Empty Unmarked Grave
  • The Cool War (Hub)
  • Snippets From The Serpent
  • Nobody Knows


情報

こんにちは、作者さんと読者さん。もしあなたがこのページを閲覧しているなら、少なくともそれはあなたがNobodyを書くことにいくらか興味があることを意味しています。したがって、私はこの独特の要注意団体についての私の考えを、1つのエッセイにまとめようと思います。私の考えがあなた自身の作品を洗練する手助けになりますように。

パート I: Nobodyとは誰?

Nobodyについて書くことは、ユニークなチャレンジです。Nobodyの核となるテーマ(そしておそらく彼の出現すべてと唯一一致するテーマ)は、"謎"です。他の、比較的動機や体系のわかりやすい要注意団体と異なり、Nobodyには多くの異なる解釈が存在します。

彼の顕現の多くで、読者は彼が何者であるか、彼の目的は何であるかを100%理解できることは決してありません。あなたが彼の真の性質について学ぶことができる彼の出現では、著者は彼の正体について様々な大いに異なる方法で解説しています。これらが含まれます。(白いテキストは、いくつかのすばらしいtaleを台無しにすることを避けるためです)SCPエージェントの処罰を逃れるための単なる嘘、SCP-055の真の姿、あらゆる主要な要注意団体の秘密の指導者。(これ以上白いテキストはありません。)

ですから、この要注意団体について書くための第一歩は、Nobodyが何者であるか、彼/彼女/それ/彼らの目標が何であるか、どうやって彼らが目標を達成するつもりなのかを理解することです。たとえあなたがこの情報を読者に示すつもりがなくとも、著者は自分の作品に集中するために知っておく必要があると私は考えます。

パート II: Nobodyの書き方

Nobodyのユニークな性質により、あなたが望む限り、キャラクターを書く際には多くの自由が存在します。ですが反対に、これは確立されたものが少ないということでもあります。

私が思うに、トリックは、あなたの持っている核となるアイデアやテーマをNobodyのキャラクターに確実に合わせるものです。もしあなたが正しくそうすれば、プロットといくつかの未加工のアイデアを合わせられるでしょう。あなたはヘッドカノンとの衝突の心配すらしなくていいのです(少なくとも、他の要注意団体と比べて)。

ですから、ここには私がNobodyの主要テーマと考えているものが載っています。

謎: たしかに、あなたはすでにこれを知っています。ですが、これは注意深くなければ扱いにくいものです。結局のところ、謎はその解決法と同じくらい良い唯一のものです。前もって言及したように、ここでもっとも重要なのは、あなたがNobodyは何者か、彼は何を望んでいるのか、どうやって彼らは目標を達成するつもりなのかについての具体的なプランを持って始めることだと私は考えています。

アイデアを思いついたなら、あなたは謎の感覚を読者にもたらすために、示そうとしている情報を減らし始めるべきでしょう。あなたは人々に興味を持たせ続けるために十分な量の情報を公開できますが、あまり多くを示してはキャラクターのサスペンスを台無しにします。

混乱した蜘蛛の巣: Nobodyはしばしばすべてに関わっています。彼は多くのパイに手をつけ、そして、Nobodyはおそらく他の要注意団体のどこよりも多くのものに関わっています。ここから、私は良いNobodyの物語は硬質な世界設定を持つを考えています。他の団体と全く交流しないNobodyの物語が良いものになるかどうか私は確信が持てません...ですが興味深いチャレンジになるでしょう。

私がここで出来る唯一のアドバイスは、wikiの他の物語を読むということだけです。Nobodyがそれぞれの出来事やキャラクターをどう思うか想像してください。もし彼が物語の骨子に関わろうとしたら、どうやってそれを成し遂げると思いますか?これらの団体の行動がNobodyや彼の目標にどのように影響するでしょうか?

運命と支配: これは私が自分の作品で焦点を当てているものです。Nobodyが物語に現れたとき、それはたいてい重要です。そして、しばしばNObodyと闘う現実的な手段はありません。たいてい、強力な財団ですら彼にやりたいようにやらせてしまうのです。

これは機関についてのいくつかの興味深いポイントをもたらします。もしNobodyがどこにでも現れすべてを台無しにするとしたら、その周囲に対しどれほどの支配力を持っているのでしょう?私の作品では、このテーマを逆にし、Nobodyは実際はごくわずかな支配力しか持っていないのだと示そうとしています。それでも、"誰が支配しているのか?"という問いかけをあなたの作品でしていくことは、作品を興味深いものにする手助けになると私は考えています。

Part III: どうやってNobodyのオブジェクトを書くか

オブジェクトをどう書くか考えるとき、最初に何を書くつもりかよりもどうやって書くつもりなのかを考えることが重要だと私は思っています。あらゆるよいオブジェクトは、はっきりと何かを伝えることなしに、団体についての物語を知らせることができると私は考えています。単純に構文を使い、伝えるべき物語を表現するのです。

Nobodyが(おそらく)1人きりだと考えることは、彼が公的な文書を持つことをわからなくさせるでしょう。しかしながら、彼が世界の異常にどうやって関わるかを考えると、彼がいくつかのデータを書き下ろす必要があるというのがわかるはずです。これはNobodyの"オブジェクト"フォーマットをどうするかのインスピレーションになりました。

基本的に、Nobodyのオブジェクトは彼が覚えておくべき重要情報だと判断したもののノートとメモです。これはプランや、物のある場所、異なる要注意団体のオブジェクトの呼び名が含まれます。

これはNobodyの核となるテーマに重なる興味深い方法だと私は考えています。第一に、これはを示します。なぜなら、Nobodyは彼自身にすべてを覚えさせる必要はないからです。したがって、いくつかの情報は読者の前から取り除かれます。第二に、Nobodyが持っている異なる要注意団体についてのあらゆるデータを示すことで、彼の関わっている混乱した蜘蛛の巣が表されます。そして最後の、そしておそらくもっとも重要なことは、"オブジェクトがどう使えるか"に焦点を当てることは運命と支配を解決します。

このアプローチの1つの欠点は、オブジェクトが信じられないほど短くしなければならないということです。これはこのフォーマットの中で魅力的な物語を伝えることを難しくします。これを軽減するために、目標を"ポップコーン"か"ポテトチップ"タイプのエフェクトを作ることにしました。これは物語らしさが薄いですが、あなたがこれ以上読むのを励まされるほど短いでしょう。

「でもNighkos、僕はこの類の君の漫談を聞きたくなかった!僕はNobodyの記事を書くための構文やフォーマットがほしかっただけだ!」

オーケー、それでは、いってみましょう。

転載者注: 原文および転載元ではwikidot用の構文が書かれていますが、当wikiではfc2wiki用の構文を掲載します。
またそれに伴い、勝手ながらソース文に書かれていた構文の解説は割愛させていただきました。

Source Code


オブジェクトのタイトルをここに書いてください  
テーブルは通常論文のように配列されています。1つの問題は、 以下のセクションは画像の付け加え方です(これはすこしトリッキーです):
あなたは一行の文字量に注意しなければならないということです。 あなたはテキストが右になるよう scp-blank.png
もしあなたが書きすぎれば、あなたはページの見た目を台無しにしてしまうでしょう。これは、 テーブルをネストしなければなりません。それから、あなたは
あなたは少し文字量を抑えたほうが、良く見えるということです。 高さの処理が必要になるでしょう。
  私は画像の高さ=115px
コードをコピーして、書きたいテキストに置き換えてください が5行分だと発見しました。 (*1)
わたしはこのセクションをNobodyが覚えておきたいと思った  
エイリアス、サマリー、前兆、興味を書く部分として使っています。しかし、 ページソースに、それぞれのブロックがどこにあるか
あなたはこれを変えられます。覚えておいてください、これは公式な文書ではありません。 を示すコメントを入れました。コピーペースト出来ます。。
ですから、あなたは適切だと思ったセクションを何でも付け加えたり その後あなたがすることは、テキストを付け加え、
置き換えたりできます。 全てが正しく配列しているか確かめることです。
  空行か、空白を足したい場合、を使ってください (*2)。 @@@@ @@
それから、私はページあたり15行にしています。あなたのコードは好きなようにしてください。 は文字通り""のシンボルです。
コードの中に、手助けになるコメントを書いておきました。  

パート IV: 私たちのNobody

私がこれまでで言及してきた推論から、あなたはおそらくここに存在するものから大いに異なるNobodyの解釈を持っているでしょう。さらに、私はあなたのアイデアを洗練させるであろう事柄について話したいと思います。

この作業の主なテーマは、私たちがどうやってNobodyを演出すると決めたかについてです。私が言いたいのは、Nobodyは鏡だという概念についてです。基本的に、"Nobody"という言葉は可能な限り文字通りかつ劇的に用いられるべきです。このアイデアは以前の出現によってインスパイアされたものであり、Nobodyは先例のないほどの自由を持って組み込んだり動き回ることができるというものです。見たところ、彼は世界中から隔離されているように見えます。

要約すると、この概念の中では、Nobodyは彼を取り巻く世界に、意味のある方法で影響を与えることが全く出来ないのです。彼は世界を変化させる発端となることは全く出来ません。彼がやろうとすることは必ず、まるで彼が少しも関わっていなかったかのように終わります。彼は自身の生が意味のあるものだと感じるために、何かに影響を与えることを目標にしているのです。

この概念は彼のキャラクターにいくつかの他の特徴を与えました。たとえば、これらの物語において、Nobodyは彼と交流したものの外見と人格を反映します。スーツを着た年取った男というよりも、彼は文字通り周囲と混ざり、たいていはまた別の誰でもない者となります。私はこれが、彼の性質についてのドラマを納得させるものだと思っています。彼は自身の感情や人格を生み出すことが出来ないのです。

この作業のもう1つの重要な要素は、すべてのNobodyについての異なる解釈の橋渡しとなる試みです。私はNobodyは単なる個人というより、真の要注意"団体"としての方がより興味深くなると感じます。したがって、これらの物語は複合的なNobodyの存在の可能性をほのめかすものです。実際、Nobodyのキャラクターについての様々な解釈は、単純にいろいろな人々がNobodyの異常な特性を分け合っているだけだ、という可能性もあり得るのです。私はこれがあらゆる異なる解釈の橋渡しとなり、いくつかのクールな世界観構築の機会となれると思います。

  • 最終更新:2016-12-05 23:41:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード